台湾・嘉義で藤の花が見ごろ  大久保麻梨子さんが魅力アピール

写真拡大

(嘉義 19日 中央社)南部・嘉義県梅山郷の瑞里村で藤の花が見ごろを迎えている。16日にはシーズン到来に合わせた観光キャンペーンの開幕イベントが行われ、台湾を拠点に活躍する女優の大久保麻梨子さんらが魅力をPRした。

2014年から同キャンペーンのイメージキャラクターを務めている大久保さん。日本には藤の花の下で祈った願いは叶うという言い伝えがあると述べた上で、昨年はドラマ初主演の夢が実現したとその効果を強調。今年は台湾人男性との結婚を願いたいと語った。

キャンペーンは来月10日までで、期間中にはイラストレーター・喜花如さんの限定ポストカードの無料配布や撮影大会などが行われる。

(編集:杉野浩司)