嶋基宏、巨人戦で死球を受け途中交代 「左側胸部の打撲」と診断

ざっくり言うと

  • 楽天の嶋基宏が19日、巨人とのオープン戦で死球を受けて途中交代した
  • 3回1死二塁の場面で、菅野の147キロのシュートが左肋骨付近を直撃
  • 検査で骨に異常はなく、左側胸部の打撲と診断された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング