4月12日(火)〜17日(日)に伊ミラノで開催されるデザインウィーク2016(ミラノサローネ)に、トヨタ自動車が住友林業とのコラボで製作したコンセプトカー「SETSUNA(刹那)」を出展するそうです。

車名の「刹那(せつな)」は、短い時間の繰り返しの中でかけがえのないものになっていく、という想いを込めて命名。

クルマが家族の積み重なる想いを受け継ぎ、人々と共に歳月を経て変わっていくことを愛でる、という“人とクルマの新たなつながり”を表現するコンセプトカーです。

外板やフレームなどに環境や使われ方で色や風合いが変わり、味わいや深みが増す材料として「木」を使用。

そのボディラインは船のような美しいカーブを描いています。

同車の製作に協力した住友林業はコンセプト具現化のための木部設計、加工、組立ての提案の他、フレームや各種パネル用の樹種の選択、木構造の知識などをトヨタと共有。

メンテナンス性を考慮して、外板パネルは容易に取り替えられるように工夫されており、釘やネジを使用しない日本古来の伝統技法を取り入れるなど、木造住宅に活用されている技術が織り込まれています。

木材は全て国産材に拘り、ボディ外板には高知県にある住友林業社有林の杉を使用。

インテリアには世代を超えて時を刻む100年メーターを設置、インパネ・シートには「栓(せん)」、ステアリングに「檜(ひのき)」、フレームに「樺(かば)」、フロアに「欅(けやき)」をそれぞれ使用。

トヨタはこれまでのクルマに存在し得ない新しい価値観を持たせたとしており、ミラノデザインウィークでの反響が注目されます。

【関連記事】

「レクサス デザイン アワード 2016」の入賞作品が決定!
http://clicccar.com/2016/02/06/352220/

「木製」のコンセプトカー登場。トヨタと住友林業がコラボ(http://clicccar.com/2016/03/19/360795/)