2月16日に日本銀行が導入したマイナス金利について、新聞やテレビでは“とんでもないこと”のように報じられているが、今いちピンとこない…。そもそもマイナス金利って何なの? ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが解説する。

「マイナス金利とは、民間銀行が日銀に新規で預けるお金にマイナス0.1%の金利を適用すること。これまでなら、民間銀行は日銀に預金しておけば金利がつきましたが、マイナス金利で一転して、日銀にお金を預けるほど損をするようになりました。だから、普通預金や定期預金の金利を下げ、ローンなどでお金を積極的に貸し、金利収入を得ようとしています」

 たしかにマイナス金利導入後、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの大手3行は普通預金金利を年0.02%から史上最低となる0.001%に一斉に引き下げた。100万円預金しても1年間の利息はたった10円しかなく、スズメの涙にもならない。

 預金金利を下げる銀行が目立つなか、少しでも得をしたいのであれば、できるだけ割のいい銀行に“乗り換え預金”するという手も考えたほうがいいだろう。ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが解説する。

「オススメは金利の高い地方銀行のネット支店です。なかでも愛媛銀行四国八十八カ所支店、トマト銀行ももたろう支店、香川銀行セルフうどん支店はメガバンクの10倍以上の金利。地銀は経営状態が不安視されることもありますが、1000万円までなら預金が保証されるので心配ありません」

 損するばかりのように思うマイナス金利にもちょっとしたおトクがある。それが「住宅ローン」。マイナス金利になると、銀行は貸し手を取り逃さないよう、各種ローンの金利を下げる。なかでも額の大きい住宅ローンは、おトクの幅が大きくなるので「借り換え」を検討したい。

 どこに借り換えればいいのか? 数ある住宅ローンのなかでも畠中さんのオススメは、住宅金融支援機構と民間が提携する固定金利の住宅ローン「フラット35」だ。

「マイナス金利の影響で、『フラット35』の返済期間『20年以下』タイプへの借り換えで、3月の金利は史上最低の1.02%です。固定金利なので、経済状況が変わったとしても最後の返済まで同じ金利のままと、安心できます」(畠中さん)

 注意したいのは、住宅ローンの借り換えには手数料や登記費用などで数十万円かかること。借り換えるべきか、やめるべきか、決める基準はおさえておきたい。

「目安となるのは、ローンの残り期間が10年以上で残高が1000万円以上、なおかつ借り換え先のローンとの金利差が1%以上あるケースです。これに該当すれば借り換えを検討する価値が充分にあります」(横山さん)

※女性セブン2016年3月31・4月7日号