(写真左から)ただよし、まな、あみ、いけ

写真拡大

Sexy Zoneの中島健人演じる“黒悪魔”ことドS男子の黒崎晴人と、千葉雄大演じる“白王子”こと白河タクミに、小松菜奈演じる赤羽由宇が翻弄される学園ラブコメ、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』。

【動画】Sexy Zone中島健人主演「黒崎くん」超エロキュン予告編を見る

【予告編動画】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」

昨年12月22日、23日に日テレでスペシャルドラマを放送、今年2月27日には映画が全国公開し、現在大ヒット上映中。壁ドンはもちろん、顎クイに突然のキスなど刺激的なエロキュンシーンが満載なことでも話題!

今回は作品の登場人物たちと同じ現役高校生男女に集まってもらって、座談会を実施。参加してくれたのは、まなさん・ただよしクン、あみさん・いけクンの2組。

同世代の目に映る“黒悪魔”と“白王子”の印象は? 男子と女子では観て欲しいポイントは違うの? それぞれの感想を聞いてみました。

黒派と白派、男女とも見事に分かれる!

――悪魔級のドSという設定と、実際に映像で見た黒はいかがでしたか?

まな:あそこまでドSじゃなくていいかな、と思うけど(笑)、最後のシーンのツンデレ具合がめっちゃキュンキュンしました。

あみ:ピアノを弾くシーンがいいな、と思いました。あんなシチュエーション、羨ましいです。

――男性的には、黒みたいなドS男子ってどうですか?

ただよし:別に人それぞれなんでいいと思います。友だちとしても仲良くできますね。

いけ:カッコイイと思います。

――ずばり黒派・タクミ(白)派、どちらですか?

まな:タクミです!

あみ:黒です!

――タクミ派だと、自分も甘々に接してもらいたい?

まな:学校だとちょっと困るけど、デートなら嬉しいです。どちらかと言えばリードしてもらいたいので。

――黒派だと、やっぱりいじわるされたい?

あみ:ちょっとは。でもあんなに大胆にされると困るけど、ちょっと命令されたいみたいな。言われたら聞いちゃうかもしれない(笑)。でも、タクミが現実にいたら、気持ち変わっちゃうかもしれないです。優しくリードされたら付いて行きたくなっちゃう。

――ちなみに理想のデートプランはどんなものですか?

まな:最初、ちょっと緊張しているところを相手が「行こう」とかリードしてくれるのがいいです。映画かショッピングがいいかな。

あみ:なんか優しさとかよりも、面白い人が好き。遊園地とか行っても、待ち時間に面白い話して、仲良く過ごしたい。

――では、男性は友だちにするならどっち?

ただよし:黒ですね。

いけ:友だちならタクミですね。

――2組とも相手と好みが逆というのが面白いですね! それぞれどんなところがよかったですか?

まな:タクミは優しいところがいいです。やっぱり好きな人には優しくされたい。遊園地でポケットに手を入れるシーンがすごく良かったです。憧れます(笑)。

あみ:黒はあの不器用さがカッコイイ。助けたいのに遠回しに助けちゃうところとか、カッコイイなって思いました。

ただよし:2人ともいいんですけど、黒は普通にカッコイイ。俺はどちらかというとあまり先頭に立って何かをやるタイプではないので、リーダー的で判断力があるところがいいですね。

いけ:タクミはすぐに仲良くできるし、一緒に遊んでも楽しいと思います。黒は少し気を遣ってしまいそうなんで……。

積極的なアプローチに胸キュン! でも現実では…

――キュンとするシーンが散りばめられていますが、自分もされたい! と思ったシーンはありますか?

まな:黒なんですけど、お姫様だっこですね。

あみ:私は観覧車のシーン。少し強引だけど連れて行かれて一緒に乗るとか、いいなと思いました。

――男性からみて、自分も取り入れたいテクニックなどありましたか?

ただよし:お風呂のシーン。他の人に気を遣えて、自分もああいう対応したいなって。もし同じような場面に遭遇したら自分もできるようになりたいです(笑)。

いけ:普段、なかなか強引な態度をとるのは自分には難しいので、黒の大胆さみたいなものは身につけたいと思いました。

――中島さんと千葉さんが演じられた黒崎くんとタクミくんはどうでしたか?

まな:タクミはほんっとに鼻血レベルです! あんなことされたら倒れます(笑)。健人くんは普段黒みたいな感じじゃないってテレビで見て知っていたので、ギャップがカッコイイなと思いました。

あみ:タクミもふつうにいたらカッコイイんですけど、黒がカッコ良すぎて。健人くんは、もう本当に似合ってると思います。ちょっと白もやってほしいなって思いましたね。

――タクミのような、少し恥ずかしくなっちゃうような仕草ってなかなか男性は出来ないと思うのですが、観ていてどうでした?

ただよし:いや〜、自分がやるのは厳しいですね(笑)。やるのはためらいます。たぶん、かっこいい人がやるからいいっていうのはあると思うので、俺達がやっていいのかなっていうのはありますね(笑)。

――確実に自分に好意があるってわかっていないと、あそこまでやる勇気はでないですよね(笑)。彼女だったらできますか?

ただよし:うーん、出来ますかね。実際はわからないですけど(笑)。

いけ:いや、彼女でもキツイかも……(笑)。

――では逆に、黒のような激しいアプローチはできますか?

ただよし:それもさすがに厳しいです(笑)。授業中にあんなことしてよくバレないなって思います。

――どこまでだったら出来そう?

ただよし:えー、お姫様だっこだったらギリギリできるかもしれない。

いけ:同じですね。だいたい、(黒のやっていることは)レベルがちょっと高い(笑)。

本気でぶつかり合う姿がカッコイイ! 男の友情に男女ともに感動!

――バスケのシーンは男の友情が描かれていて、男性がみても感情移入できるシーンになっていますよね。

いけ:ああやって好きな子をかけて本気で戦うっていうのは本当にカッコイイと思います。

ただよし:元バスケ部だったので、ああいうのっていいなと思いました。試合以外で、ああやって友だち同士で本気でやったりしないので。

――2人は部活などのバスケ経験者ではないので、この撮影のために練習したそうです。その雰囲気は伝わりましたか?

ただよし:わかりました。すごい練習したんだなって。

――バスケのシーンは女性からみても、普段見ることができないような男の友情が感じられて素敵なシーンでしたよね。

まな:正直、最後の賭けのシーンは泣きそうになりました。

あみ:もうとにかく健人くんがかっこよすぎて、あのシーンでも、「やっぱり黒だな」って思いました。

愛されキャラは満場一致で梶くん

――由宇ちゃんみたいな女の子はどう思いますか?

あみ:友だちにいたらいいですね。助けてあげたい。

まな:私はちょっと……。合わせるの大変そうかな、って。芽衣子は大好きです。

ただよし:ちょっとドジなところとか、一生懸命な感じがすごいあるなと思います。

いけ:キスを拒まなかったところがエライと思いました(笑)。

――メインの黒崎くん・タクミ・由宇の3人以外だと好きなキャラは誰ですか?

全員:梶くん。

まな:黒崎くんのこと語っているシーンが好きです。

ただよし:遊園地でのいじられキャラ感がすごい面白い。

いけ:電車とか遊園地のチケットをとってみんなに渡してくれたと思うと、その気遣いに好感がもてました。

黒派・タクミ派 それぞれの魅力は?

――一番印象に残ったシーンはどこですか?

いけ:最後のシーンのギャップが一番印象に残ってます。自分からアプローチするのがキュンとしましたね。

あみ:遊園地で遊ぶところ。大勢で行ってみたりとか楽しいだろうなって。2人で乗ろうとかみんな頑張ってたり、そこに友情もみえたから印象に残ってます。

ただよし:2回めの室内でバスケをやるシーンで、本音でぶつかったところがすごい印象に残ってます。

まな:私は由宇ちゃんと芽衣子の友情のところです。芽衣子がすっごい優しいと思いました。あのシーンは見習いたいです。

――みなさん、黒派・タクミ派バラバラなので、これから観る人にそれぞれの良さをアピールしてください!

黒派

あみ:最初はすごいウザいやつだな、と思うかもしれないけど、どんどん優しさがみえてきて、惹かれていくと思います。

ただよし:黒は全体的に強い感じがあるんですけど、その強さの裏には優しさがあるから、黒を応援して欲しいですね。

タクミ派

まな:タクミは恋愛も友情もどちらの優しさも持っていると思うので、タクミを応援して欲しい! ハッキリと言葉にして相手に伝えることもできるところが魅力的です。

いけ:好きな子に親切にしてあげられるところがいい。それができるのがタクミの魅力ですね。

最後に発覚! 実はあの人の魅力を伝えたかった!!

ひととおり作品の感想を聞き、黒とタクミの魅力も聞き出したと思ったのですが、「実は……」とそれぞれから意外な告白が……! ある人のファンだったということが発覚!

まな:私は千葉くんが大好きで。本当に千葉くんがカッコイイです。タクミのキャラもピッタリだと思います。でも千葉くんってだいたい優しい感じの役が多いので、いつか黒みたいなガツガツいく役も見てみたいですね。

ただよし:俺も実は健人くんのファンというか、ファンクラブ入っているくらいSexy Zoneがめっちゃ好きで。男なんですけど(笑)。健人くんは男性として完璧じゃないですか。なんでもこなせて、男から見てもかっこ良くて憧れてます。健人くんの黒はほんとにやばいです。

――Sexy Zoneファンとして観た感想は?

ただよし:ザ・健人という感じなので、男でも憧れるし、女性はみんなキュンとする感じになっていると思います。

あみ:私は健人くんも好きなんですけど、梶くん役の岸くんが好きで。本当はもっと梶くんを出して欲しい! ほんとに実際の性格と同じような役だったので。

――岸くんファンとしてのみどころは?

あみ:「遊園地行こうぜ」とか、本当にみんなに積極的で、友だちになりやすい雰囲気がすごく良いです。ほんと、素の感じに近い。いつもいじらているそのままの感じ。本当にハマり役だと思います。

最後に誰のファンか発覚しましたが、ファンから見ても、ピッタリの配役でさらに楽しめる作品に仕上がっていたようです。そして、黒とタクミのキュンキュンシーンはもちろん、「恋愛だけじゃない!」と熱い友情もみんなの心に残ったという本作。あなたはどのキャラが一番のお気に入り?

【予告編動画】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』

【STORY】黒悪魔と白王子、どっちの言いなりになればいいのー?

冴えない自分からの転校デビューを目指して1ヶ月、赤羽由宇は高校で寮生活を送りながら初めての友達ができたり、女子生徒の憧れ「白王子」こと白河タクミと人生初のデートをしたり...。だけど、最悪の出会いで、「絶対服従」言い渡されてしまった副寮長の“黒悪魔”こと黒崎晴人のド S な無理難題に翻弄される毎日。

壁ドン、顎クイ、さらには“台風で停電中に……”“遊園地の観覧車で……”黒崎くんは「躾だ」と超ド S に迫ってくる。由宇は、タクミの積極的なアプローチに揺れ動きながらも、黒崎くんにドキドキさせられっぱなし。次第に黒崎くんのことが頭から離れず……

出演:中島健人 小松菜奈 千葉雄大
高月彩良 岸 優太 岡山天音 中村靖日 池谷のぶえ
監督:月川 翔 脚本:松田裕子 音楽:牧戸太郎
主題歌:「Make my day」Sexy Zone(PONY CANYON)
原作:マキノ『黒崎くんの言いなりになんてならない』(講談社「別冊フレンド」連載中)
企画製作:日本テレビ放送網 制作プロダクション:日活 制作協力:AOI Pro. 配給:ショウゲート
※詳細は「黒崎くんの言いなりになんてならない」公式サイトを参照ください。