金本監督の但馬牛御膳

写真拡大

プロ野球セ・リーグの阪神タイガースの本拠地、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)では、同球場での今季開幕戦が行われる2016年4月8日から、観戦のフードメニューとして、金本監督と14選手がプロデュースするコラボメニューを販売する。

ほかに17種類の新商品を加え、合計35種類のメニューで"スタンドの開幕"を迎える。

監督コラボは、こだわりの但馬牛をメインにした「金本監督の但馬牛御膳」 (1800円、税込=以下同)など3種。また今シーズンから複数選手コラボメニューも登場。鳥谷選手×藤浪選手の「投打の要弁当」(1300円)は、鳥谷選手の名前にちなんだ「親子丼」、藤浪選手がゲンかつぎで食べる「牛タン」が入っている。

販売期間はクライマックスシリーズ、日本シリーズ、ファン感謝デーも含むシーズン終了まで。オンラインでの事前予約を3月15日から受付中。