18日、中国版ツイッター・微博で、ある動画が大きな注目を集めている。

写真拡大

2016年3月18日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、ある動画が大きな注目を集めている。

【その他の写真】

動画はタイのキングパワーにある海鮮レストランで中国人観光客がバイキング形式の食事をしている様子を映したもので、中国人客らは互いに押し合いへし合いしながら台に置かれたエビに殺到している。トングなどは使用せず、取り皿をトレーの中に直接突っ込んですくい上げたり、エビがいっぱいに盛られた皿の上にさらに皿を重ねて3段に積み上げたりするなど、その様子は見苦かった。書き込みによると、エビは中国人客によってあっという間に取り尽くされ、ほかの客が取りに行った時には何も残っていなかったという。

この動画がネット上にアップされると、ネットユーザーからは賛否両論の声があがった。「低俗な民族。何も言うことはない」「恥の極地。本当に同胞のこういう行為は恥ずかしい。バイキングではエビを食べあさり、飛行機ではワインを飲みあさり…」といった批判や、「殴り合わないとは紳士的だ」といった皮肉も見られた。あるユーザーは「一昨年、日本に旅行に行った時のことだ。1つのテーブルに10人が座っていたところに、サーモンが12切れ運ばれてきた。そしたら、あるおばさんが1人で4切れも取ったんだ。絶対に食べきれるわけないのに。それからみんなそのおばさんと同じテーブルに座るのを避けてたよ」と体験談を記している。

一方で、「外国人だって同じだろう。みんな元を取りたいと思うはず」「はっきり言って、外国人の欲深さも中国人に決して劣っていない。奪い合いに負けたから動画を撮って中国人はどうだとか言ってるんだろう」といった意見や、「明らかにレストラン側の問題だろ。客に対して量が少ないんだよ」といった意見も。さらには、「ちょっと聞きたいのだが、これって違法なのか?勝手に撮影する方が悪いだろう」という声もある。確かに違法ではないが、ほかの客や店に配慮する心のゆとりも忘れないでいただきたいものだ。(翻訳・編集/北田)