一本釣り漁法で釣られたカツオは鮮度抜群

写真拡大

大戸屋ごはん処では、2016年4月1日より期間限定メニューとして、「さっくり鯵フライ定食」(858円、税込)と、「一本釣り鰹丼と稲庭風うどん」の「鰹5切れ盛り」(898円、同)、「鰹8切れ盛り」(1098円、同)を全国展開する。

鮮度抜群の旬魚に舌鼓!

「さっくり鯵フライ定食」は、長崎・松浦港で水揚げされた新鮮なアジを、さっくりとした衣で揚げた一品。ピクルスの酸味を効かせ、アンチョビを隠し味にした手作りのタルタルソースが、ほどよく脂の乗ったアジの旨味にマッチする。

「一本釣り鰹丼と稲庭風うどん」は、丼の中のカツオにオリジナルの青唐醤油を回しかけ、長イモやトロロと一緒にかき混ぜて味わう。ツルンとした食感の稲庭風うどんの喉越しも食欲をそそる。

アジもカツオも一般的に広く流通する時期より1か月以上早く楽しめるとあり人気を集めそうだ。