18日、AFP通信によると、北朝鮮は同日、弾道ミサイル2発を発射した。韓国国防部は、発射は金正恩(キム・ジョンウン)第一書記の指示によるとの見方を示している。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月18日、AFP通信によると、北朝鮮は同日、弾道ミサイル2発を発射した。韓国国防部は、発射は金正恩(キム・ジョンウン)第一書記の指示によるとの見方を示している。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

韓国軍によると、北朝鮮は18日午前5時55分、1発目のミサイルを北朝鮮西部の平安南道粛川付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した。約800キロ飛んだ後、日本海に落下した。1発目の発射の約20分後に2発目が発射されたが、すぐに航跡が消えたという。韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は、北朝鮮は核能力を強化するための実験を加速化しており、今回の発射は金第一書記の指示によるものだとの見方を示した。また、日本の安倍晋三首相は、ミサイル発射を強く非難し、米国や韓国と連携して今後の対応に万全を期すと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「今のところ、ロシアと中国はこれを受け入れているということだ。もしかしたら、奨励さえしているかもしれない」

「なぜ、誰も北朝鮮を爆撃しないんだ?そんなに難しい決断なのか?爆撃すれば、問題はなくなる!簡単なことだ」

「まただ!彼は自国民を食べさせる代わりに、ミサイルを何発も発射している!」

「いいことを考え付いたよ。北朝鮮に制裁を科すのがいい!」

「彼は海が嫌いなんじゃないかなと思うよ」

「もしもし、中国。起きていますか?」

「素晴らしいね!彼らが毎日のようにミサイルを発射すれば、在庫が尽きて問題は解決するだろう」

「もうすぐミサイルがなくなるだろう」(翻訳・編集/蘆田)