予選ラウンド2日間をトータル5アンダー・16位タイで終えた松山(撮影:上山敬太)

写真拡大

 フロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開催されている米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」2日目が終了。2アンダー・27位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・1ボギー“69”、トータル5アンダーにスコアを伸ばし、16位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。
【関連】松山とデイの初日を振り返る!PGAツアーフォトギャラリー
 INスタートの前半に幸先よく2バーディを奪った松山は、後半立ち上がり1番で初ボギーとなるも2つ取り返し、60台でのラウンドとなった。
 首位は松山と同組で回ったジェイソン・デイ(オーストラリア)。2日間を“66”“65”と揃えて、トータル13アンダーまで伸ばしている。2打差でヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、3打差でジャスティン・ローズ(イングランド)が追っている。
 以下、2日目までの順位。
1位:ジェイソン・デイ(-13)
2位:ヘンリック・ステンソン(-11)
3位:ジャスティン・ローズ(-10)
4位T:ケビン・チャペル(-8)
4位T:ジェイミー・ラブマーク(-8)
4位T:トロイ・メリット(-8)
4位T:デレク・ファザワー(-8)
16位T:松山英樹(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【初日】松山英樹は“ありえないミス”に「本当にイライラ」
【初日】圧巻のバック9 ジェイソン・デイ、OBダボは「すぐに忘れる」
【PGAツアー動画】ジェイソン・デイが単独首位!初日ハイライト
【ギア特集】国内女子ツアー開幕!注目女子プロ24人のセッティングを覗き見