[サニックス杯]U-17日本代表初招集の鹿児島城西CB生駒仁が国際大会で高さ発揮し、ゴールも

写真拡大

[3.18 サニックス杯国際ユース大会GL第3節 U-17日本代表 8-1 U-17北京選抜 グローバルアリーナ]

 昨年、1年生ながら強豪・鹿児島城西高でスタメンを張ってきたCB生駒仁が、サニックス杯でU-17日本代表初招集。「自分は代表というのは全く意識していなくて、今回初めて呼ばれて自分もちょっと驚いている」という代表チームだが、早くも持ち味の空中戦の強さ、正確なフィードなどを発揮している。この日は左ショートコーナーから頭でゴールを奪うなどインパクトもあるプレー。年代別日本代表として手応えを掴みつつあるCBは「これから頑張って残っていけたらいい」と生き残りを誓った。

 自身の代表初得点は前半6分に生まれた。左ショートコーナーからMF齊藤未月が上げたクロスをヘディングシュート。当初はニアに入ろうとしたというが、ショートコーナーとなったところで動き直し、マークするDFの背中をとって難なく頭でゴールへ押し込んだ。「相手が自分の前にいたので、相手の視界から消えて、そうしたらいいところに来たんであとは流しこむだけでした」。U-17北京選抜に攻められる機会が少なく、自慢のヘッドを見せるシーンはわずかだったものの、「相手の背後を一発のロングボールで取るパスだったりできたと思う」と感じている。

 前日は180cm以上の選手が8人先発した韓国高校連盟選抜相手に奮闘。相手のパワープレーに屈せず、コンビを組んだCB青山夕祐やMF西山大雅とともに我慢強く耐えぬいたことを森山佳郎監督は評価していた。流れの悪い中で2点リードを守ったチームは終盤のダメ押しゴールで3-0で勝利。これが代表デビュー戦となったCBは理想的な展開で勝利したチームに大きく貢献した。一方で、逆サイドのカバーの部分は課題に。この日も味方のミスからカウンターを受けた時にカバーが遅れるシーンがあり、チームも完封勝利を逃したことは反省材料となった。

 鹿児島城西では強豪の1年生CBとして、またDF生駒稀生との兄弟CBとしても注目された生駒。入学当初は「ガチガチで何もできなかった」と振り返るが、声を出して周りの選手を動かすなど徐々に自信を深め、チームにとって欠かせない存在へとなっていった。そして選手権鹿児島県予選では自身も武器の高さを発揮しつつ、DFにできかけた穴を的確に埋めて見せるなどクレバーな部分も十分に発揮して優勝に貢献。全国舞台に立ち、そしてU-17日本代表招集と飛躍を遂げてきている。「一試合一試合でどんどんチャレンジしながらやっていきたい」と語る注目CBが今年、代表チームで学んだことを活かしてさらにスケールアップする。

[写真]前半6分、U-17日本代表はCB生駒が頭でゴール

(取材・文 吉田太郎)