18日、韓国の元慰安婦が米カリフォルニア上院で功労賞を受賞したことについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメント寄せている。写真は韓国の慰安婦歴史館。

写真拡大

2016年3月18日、韓国・ニューシスによると、韓国の元慰安婦イ・ヨンスさん(88)が米カリフォルニア上院で功労賞を受賞した。

カリフォルニア州のケビン・デ・レオン上院議長は17日(現地時間)、イさんに功労賞を授与し、その理由について、「旧日本軍性奴隷の生存者の1人であるイさんは、第2次世界大戦中に国家が承認した20世紀最大の人身売買犯罪に対し、日本政府の責任と公式謝罪を求める勇猛な人権運動家として活動してきた」と述べた。

これに対し、イさんは深い謝意を示し、現在サンフランシスコで推進されている旧日本軍慰安婦被害者のための記念碑の建立について、「日本が責任を否定している今、私たち被害者のための記念碑を建立してほしい」と訴えた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメント寄せている。

「韓国政府もできないことを外国人がしてくれている。本当にありがたい。記念碑の建立にも積極的に協力してほしい」
「韓国政府が日本の味方をするから、高齢の被害者らは自ら外国へ行き、自ら問題を解決しなければならない」

「『歴史に関することは国民と歴史学者が判断する。いかなる場合も政権が裁断を下してはならない。政権が歴史を利用していると思われてしまう』と言っていた朴大統領が歴史教科書を国定化?あきれて言葉も出ない」
「元慰安婦は大事な証拠。健康に気をつけて長生きしてほしい」

「頻繁に米国へ行き、活動しているね。日米同盟を壊そうとしているのか?」
「日本を批判するのはもうやめて、平穏に暮らそう」

「つらい経験をしたおばあさんらを利用しないでほしい。このまま活動を続けても、おばあさんらの心の傷が増えるだけ」
「日韓の慰安婦合意を受け入れ、公の場で慰安婦問題に言及しないとの約束を、被害者らも守ってほしい」(翻訳・編集/堂本)