18日、吉林省吉林市でこのほど、高齢の女がハンマーで銀行ATMを破壊した。

写真拡大

2016年3月18日、中国網によると、吉林省吉林市で、高齢の女がハンマーで銀行ATMを破壊した。

事件があったのは15日午前11時ごろで、ATMの機械と入り口のドアガラスが破壊された。目撃者によると、女は自らの年齢を88歳だとし、動機について「夫が預金を下ろせず、腹が立ったから」と話していたという。現在、警察が捜査を始めている。(翻訳・編集/北田)