18日、中国の広東省で「SB250ウイルスが猛威を振るっている」とする書き込みがネットで広まり、各地の現地政府が対応に出る事態にまで発展している。資料写真。

写真拡大

2016年3月18日、信息時報によると、中国の広東省でこのほど「SB250ウイルスが猛威を振るっている」とする書き込みがネットで広まり、各地の現地政府が対応に出る事態にまで発展している。

書き込みが最初に確認されたのは昨年末。魚を食べたことで感染するとの内容で、先日には仏山市政府の名をかたり、「妊婦がSB250ウイルスに感染し死亡した」との書き込みが掲載された。こうした現象は梅州市や江門市、肇慶市、汕頭市でも見られ、各地は情報がデマであると発表している。

一方で、仏山市の衛生部門は専門家の調査チームを編成し、ウイルスについて調査を開始。該当する病例がない上、「SB250ウイルス」との名称を持つウイルスは存在しないと確認した。同省各地はこうしたデマに惑わされないよう市民に呼びかけ、江門市の公安部門は情報を広めた人物を召喚するなど調査を進めている。(翻訳・編集/内山)