【全文】なでしこジャパン佐々木則夫監督、退任会見。選手や家族、今後について

写真拡大

リオ五輪に向けたアジア最終予選での結果を受け、なでしこジャパンの監督から退任することを発表していた佐々木則夫監督。

18日、退任記者会見に臨み、その様子は日本サッカー協会のYoutubeチャンネルで生中継された。

なでしこジャパンを世界一に導き、日本における女子サッカーの発展に大きく貢献したそんな佐々木監督は、この会見で一体何を語ったのだろうか?今回はその全文をお届けする。

大仁 邦彌(日本サッカー協会会長)

「座ったまま失礼いたします。皆さんこんにちは。今日はお忙しいところを集まっていただきありがとうございます。

日本サッカー協会の大仁でございます。

オリンピック予選が終わりまして、3月10日に佐々木監督の方から報告の後に責任を取って辞任したいという申し入れを受けました。

その後、日本協会の理事会に報告をし、正式に辞任が決まりました。

今回のオリンピック予選は大変残念だったんですが、それまでの佐々木監督の戦績といいますか戦いは本当に素晴らしいものがありました。

2011年の女子のワールドカップの優勝、その後ロンドンオリンピック、カナダのワールドカップの準優勝と本当に素晴らしい成績をあげてくれたと思っています。

今回は残念ですが、それによってこれまでの成績が陥れられるものではないと思っております。

特に『なでしこスタイル』と言いますか、なでしこのサッカーを世界で戦えるようにした、と。逆に言えば、今『なでしこスタイル』を世界が真似してきていると言っちゃなんですが、そういう方向にきている。女子のサッカーを佐々木監督が変えたと思っております。

それによって各国が進歩してきたことによって今回オリンピック予選もこういう苦戦になったということが言えるかも分かりません。佐々木監督の功績は本当に大きかったと思いますし、今後も我々はこのスタイルを貫いていくべきだと思っております。

9年目ですか。本当に佐々木監督にはご苦労いただきました。しばらく休んでいただけるかどうかわかりませんが、感謝を申し上げたいと思います。

以上です」

佐々木 則夫(なでしこジャパン 監督)

「女子の指導者として携わって11年、そして監督として9年間。

これまで選手たち、そしてサッカー協会とともに世界を目指して仕事ができたということ。そしてこれまで世界と戦えて結果もある程度出て、未来へまたさらに向けられたこと。

最終的には大切なリオ五輪の結果には至りませんでしたけども、本当に僕自身は満足し、かつ充実した11年間をサッカーの指導者として経験できたということ。

これは本当に僕の宝物です。

今後どういう道にまだ行くか分かりませんけども、いずれにしてもこの経験がさらにまた良い経験となって次のステップに、自分自身の人生の一つになると確信して、新たなステージに向けて頑張っていきたいと思っています。

―大仁さんからも『なでしこスタイル』というお話がありましたけど、佐々木監督が指揮してこれだけ結果を出せた理由、要因みたいなところをどうお考えでしょうか?

大仁「日本の女子全体だと思うんですけど、技術レベルは高いと思います。世界と比べた時に。

それと全員で攻撃、守備をする。その辺のチーム戦術をよく理解しみんなで同じような考えで攻撃の時、守備の時に動けると。そういうところがこれまでのなでしこの強さだったと感じています」

佐々木「え、僕?

U-19の代表のコーチとU-19を指揮させていただいた時にですね、U-19の中で女子のクオリティの高さ、そしてボールを持っていない時の連携、連動する質。こういったものを活かしていくことによって攻撃や守備は非常に進化するんじゃないかということを感じました。

僕自身、NTT関東というアマチュアのチームを指揮した時にですね、フィジカルがあまり高いレベルではない中でも、連携や連動をするという指揮をしながらなんとかある程度結果を出すことができた。

それからオファーをいただいてなでしこの選手を見た時に、『フィジカルはあまりない。けど連携、連動する質があるんじゃないか』と思いました。技術もまぁまぁあると。

その頃まだ女子委員長だった大仁さんにオファーをいただいて女子の世界に入ってきたわけですけども、それがなんとか力になれたということ。そういったところを活かしきってこれまでやってきたということ。

そういったところが僕自身はなんとか皆と融合しながらできたのかなと思いました」

―女性のチームを率いる上でいろいろ大変なご苦労があったかと思うんですけど、特に気をつけていたことや苦労なことがありましたら是非教えていただきたいと思います。

佐々木「男性が女性を指揮する時に『大変じゃないか』と皆さんすぐ口にするんですけれども、そういう指揮をした人に言われたくないなっていうのは一つあるんですけど、皆さんがそう思うよりも選手たちはひとりひとり志しが高いですし、僕自身は男性を指導するのとそんなに変わらなかったんじゃないかなと思います。

しかし、もちろん異性であることに間違いはないですから、そこは一線を引くということは現実にありました。

僕自身のパーソナリティとして、なんとかここまでこれたのももちろん選手も気を配ってくれた中でこれまでの活動だったんじゃないかと思います。

ですから、特別に僕自身は鎧を着てなにか片意地を張って指導をしたつもりはなかったので、残念ながら僕はそんなに『女性だから』ということの中で大変だったとは特には感じませんでした」

―アジア最終予選が終わって一週間ほどが経ちました。冷静にサッカーや戦術面のお話をお聞きしたいんですけども、特に初戦のオーストラリア戦、ディフェンスラインが下がってしまう、少し重心の低いサッカーをしてしまったというところが個人的には敗因の一つだったんじゃないかなと思っています。その点、カナダのワールドカップでも常に相手陣内に押し込んでのサッカーではなくて、比較的重心の低いサッカーで勝ち上がってきました。そのカナダ以後、アジア最終予選に向けて、戦術として監督としてやろうとしてきたこと、それから今回の敗退を受けて次のなでしこジャパンにとってどういう形でそういう戦術面での差を埋めて、また世界で覇権を取りたいと思っていらっしゃいますでしょうか?

佐々木「ドイツのワールドカップ後、ロンドン、年々の世界大会で本当に各国のレベルが個の質も技術も上がってきています。以前はアバウトだった攻守に渡っての戦術が非常に密になってきました。

そういう意味で、今我々も攻守にアクションといった質を高めて世界で戦っています。個の質をまたさらに上げた中で組織的に融合していかなければいけない。

若い選手たちも含めて進行形ですごく成長させているという状況で、今チームに合わせた時に世界レベルにあるかといった時になかなか厳しいところが現状はまだまだあると思います。

そういった相手の個のパワーやテクニックをボカしながら、状況を見ながら戦う。実際にカナダのワールドカップでは非常にもう厳しいであろうということを踏まえながら戦って、なんとか1点差が続いた中で勝ちました。

そういったところの趣向を変えたというのは現実的にあります。それもアジアの状況でもレベルは感じていました。

またピッチに水をまいてスピーディなサッカーをするというトライした時に、連携した中での守備という中では止める、蹴るというのが非常に質が上がってきたのはアジアの中でもあります。そこを掻い潜られてしまうと、どうしても後ろは状況が厳しくなって下がらざるをえない。

そういう状況があって、第一戦は自分たちがイニシャーチブを取ろうとしたところを逆に取られたんだと思います。

それは一応覚悟はしました。もちろんその中でも結果を出さなきくてはいけないので、セットプレーの工夫であったり、しっかりボールを動かすんですけどももっと高い位置を取るためにはポイントがあるよ、というのは戦略としては準備はしっかりしたつもりです。

それがまだまだ浸透せずに第一戦、第二戦、第三戦ではイニシャーチブを取れなかったんじゃないかなと思います。

これからは個の質ということと、世界の進捗が非常に上がってきているので、個を活かすような戦術を徹底していなかないといけないと痛感したアジアの予選、そして先日のワールドカップだったと思っております」

―最終予選が終わってから今日までの間、いろいろ振り返られていることもあるんじゃないかと思います。思い出に残っているものや、どのような財産が残っていますか?

佐々木「U-19のチームも兼ねて代表も見た時期もあったりしました。

代表の若い世代への移行という意味では、すごく理想的な環境も与えていただきました。

若い世代ともアジア予選、世界大会も経験してさらにそれをなでしこに繋げていくという仕事っていうのは、僕は理想的であり、かつすごく機能がしたなとつくづく感じています。そういう環境を与えていただいたということはすごく感謝します。

365日休みはなかったわけですけども。

こういった経験をしてまさか退任会見でこれだけ多くのメディアさんが来ていただけるなんて。

最終的にリオの結果は出なかったにしても、こうやって会長を含めて退任会見をしてもらうというのも、本当にこの一週間は結果が出なかったということが日に日に増して痛切な思いもあるんですが、結果が出てしまい切り替えた中では、選手、協会、サポーターの皆さん、そして多くのメディアの方とも接しながら様々な局面でいろんなことを勉強させていただいた。

それが一番の財産だと思っております。

世界に行った中で結果を出すというのは非常に厳しいと思うんですね。しかし、世界大会に出られるのはワールドカップにしてもオリンピックにしても十分可能性は高い位置にあります。

新たな指導者にバトンを渡し、そして陰ながらも応援をし、世界と戦うのは厳しいんですけども、是非メディアの皆さんも同じサッカーファミリーとして後押しをしていただけたらなと切に思います、はい」

―8年以上に渡って監督を務められていた間、やっぱりご家族のサポートっていうのは不可欠だったんじゃないかな、と思うんですね。今、奥様をはじめご家族の皆さんにどんな言葉をかけたいですか?

「意外にね、現場で指揮している方がハラハラ、ドキドキなんて感じないのね。テレビやスタンドで応援している家族の方がハラハラ、ドキドキは凄いんだと思いますね。

2011年のワールドカップ優勝した時に、妻がスタジアムで腰を抜かしたんですね。そのくらい緊張とエネルギーを使って応援してくれていた家族には感謝する次第ですね。本当にありがとう、ということですね。

…まぁ娘もいますけども。娘も一応言っておかないと怒られちゃいますから(笑)」

―対戦してですね、一番の謎は北朝鮮がどうしてあんな振るわなかったのか。どうしてあんなに不振だったのかと思うんですが、北朝鮮と最後に対戦して印象はいかがでしたか?

佐々木「彼女たちのチームというのは若いですからいろんなプレッシャーがあって、競った時に力を発揮できなかったのかな、と。我々のチームとの試合だけではなく、他の相手ともですね。

でも若くて可能性があるチームで、現実的には試合慣れとか、ましてや世界大会に前回出ていないということだったり、そういうことがあるんじゃないかなと感じますけども」

―世界大会で三連続ファイナリストになった監督っていうのは世界を見渡してもそうはいないと思います。さきほど財産というお言葉がありましたが、そこで得られた経験や財産なりを今後どのようにサッカー界に還元していただけるかっていうのを我々も期待していて、もし具体的にお考えがあれば教えていただけますか?

佐々木「今真っ白な状況で、『何をこれから』というのは本当に考えておりません。少し時間をもらって。

僕が選択できる幅があるかは分かりませんけども、どんな形でも女子サッカー、サッカー界には寄与したいとは思っていますけども、今『何を』というのは本当に考えておりません。すみません」

―長年率いてこられて新しい方にバトンタッチするということになると思うんですけども、これまでの経験を踏まえて、次の監督にアドバイスなどできることがありましたら教えていただきたいです。

佐々木「日本の女子サッカー選手たちは可能性も秘めていますが、世界各国の女子に対する強化、選手たちの進捗状況も非常に良いので、世界と日本の足元をしっかりと確認して良いチームを作ってください、ということですね。

僕がスタートした頃はランキングは11位くらいだったと思うんですね。それが、20位くらいのチームとは明らかに差はあったんですね。

今はランキングは4位ですかね。20位から30位くらいのチームでもかなり層が良くなってきている。ですからそういう意味でも世界で戦うには厳しい、層が厚くなってきたという現実があります。皆さんもカナダを見たり今の現状見たりして感じていると思います。

そのあたりをしっかり見据えながら良い準備をして、是非フランスのワールドカップ、そして東京での五輪で活躍できることを願いたいです。

間接的なものだったりmもっと遠くのあれでも何か一緒になればそれはそれでアドバイスはしたいと思います。

ですからこれから大変なんで、メディアの皆メディアの方もあんまりプレッシャーをかけないで、と是非お願いしたいと思います(笑)」

―今後日本の女子サッカー界が再び世界と戦っていくために、どんな環境だったりとか、育成年代とかに必要なことはどんなことだとお感じになられてますか?

佐々木「今は少子化でもあります。

サッカー協会や女子委員会も含めていろんな意味で強化をする、手を広げていく。サッカーに携わる女の子の環境というのは今前向きに考えてくれています。サッカーは足でやるスポーツですから、そこが始まらないと、急にトップになってから技術を学ばそうとしても難しいと思います。

そういう意味では、ジュニア期からやろうということは普及も含めてやってくれていますから、それの継続というのは本当にもうサイクルは常に必要だと思います。

あと各年ごとの代表の強化も含めてやってくれていますので、そのあたりを上手くトップに繋げていくということですね。それはもう継続的にやっていることを見据えながら、世界を見据えながら世界とやっていただければと思います」

―大仁会長にお聞きしたいと思います。今回の予選に関しての協会のサポート面ですね、例えばもう少しこれをしておけば良かったなという悔いといいますか、そういったものはございますでしょうか?

大仁「一応現場の方の準備の要望に沿って我々はできるだけのことをしたので、『これをやっておけば良かった』というのはないですね」

―選手たちに今だから伝えたい言葉や託したい思いがありましたらお願いします。

佐々木「若干便りなさそうな私でしたけど、これまでの選手たちには『よくこれまでついてきてくれたな』と。選手たちの包容力の頼もしさというのを感じながら、これまで厳しくもあり楽しくもありやってきました。『本当にありがとう』ということだけですね。

是非これからも世界を目指して精進してほしいなと思います。頑張ってください。ありがとうございました」

―監督は非常に笑顔が印象的なんですけど、チーム作りの上で笑顔っていうのはどのように意識してらっしゃったのかお聞かせください。

「そうですか。『笑顔はどうか』と言われても何とも…。自分のパーソナリティなので。

時には演技して笑うこともありますが、選手たちの笑顔の方が素晴らしかったと思います。

なでしこジャパンと僕自身は厳しい時もありました。最後の最後は笑顔で終わりたかったんですけども、最後の試合(北朝鮮戦)でほんのり皆の笑顔が見られて退任という形になって少し救われました。

…世界大会に出た時よりもなんか質問が多いですね、退任の方がね(笑)もうそろそろいいんじゃないですかね(笑)」

―さきほど次の監督というお話がありましたけれども、一部の報道では高倉麻子さんなど名前が挙がっている方がいらっしゃいます。佐々木監督は高倉さんともご面識あると思いますけども、適任という意味を含めてどのようにお考えでしょうか?次の世代を任せられるという意味でもお話を伺えればと思います。

佐々木「僕自身はまだ決まっていない高倉さんのどうのこうのは伝えられませんけども、非常に良い指導者だというのは僕も思います」