Doctors Me(ドクターズミー)- 点鼻薬を今こそ味方に!正しい使い方をマスターする!

写真拡大

花粉症シーズン到来です。花粉症対策はどのようにしていますか?
「点鼻薬は効かない」という人には、用法通り使用できていない場合が多いようです。

今回は点鼻薬の種類やメリット、正しい使用方法について、薬剤師に話を聞きました。

点鼻薬は目的によって種類がある…?

花粉症のための点鼻薬には、いくつか種類があります。

1.血管収縮薬
鼻づまりを改善します。
強い血管収縮作用で速効性があり、使用直後から鼻の通りがよくなります。しかし使い続けると効果が薄くなったり、多用すると鼻の粘膜が刺激され腫れてしまうなどの恐れもあります。
症状のひどいときだけ、短期間使うことを心がけるといいです。

2.抗アレルギー薬
アレルギー性鼻炎や花粉症に有効です。
点鼻した直後に効果が出るのではなく、ある程度の期間を継続し使用することで効果が得られます。花粉症では、予防的に早めに使用を開始することでより効果が期待できます。

3.ステロイド薬
炎症をとる優れた作用があります。
一般的には、症状の強いときに用います。使用開始から数日で効果がでてきます。
局所に作用しますから、ステロイドの内服薬のような全身の副作用の心配はほとんどありません。局所的な副作用としては、鼻の乾燥感や刺激感が起きることがありますが、用法・使用回数を守り使用すれば副作用の頻度は低いです。
また、噴霧の仕方が誤っていると一部の粘膜に多く噴霧されてしまい粘膜が荒れ鼻血がでやすくなることがありますので正しい使用法が大切です。

これが点鼻薬の正しい使用法(基本編)

【使用前】
・鼻をかんで鼻の中をきれいにします。
・指示がある点鼻薬は、上下に軽く振ってください。

【噴霧】
・うつむくようにすると、鼻腔の奥まで噴霧されます。
・もう一方の鼻の穴をふさぎ、点鼻するとき、息を軽く吸いながら噴霧します。

【使用後】
・薬を鼻の奥まで浸透させるため、数秒間上を向き鼻からゆっくり呼吸します。
・容器の先端をティッシュでよく拭き、キャップをして清潔に保ちます。

【薬剤師からのアドバイス】

内服薬により眠気が出る場合や妊娠中などで抗アレルギー薬が服用できないときなどは、点鼻薬の使用を継続することで症状の改善が期待できます。
また、ステロイド点鼻薬では、しっかりした効果を得ながら、局所作用のため安心して使用できます。

点鼻薬の中には粉のタイプのものあり、鼻粘膜の刺激感を感じやすい人におすすめです。

基本の使用法のほか、各点鼻薬に正しい使用法があります。病院や薬局で点鼻薬をもらうときに、最初に薬剤師から使用法の説明を受けるといいですね。

(監修:薬剤師 吉澤 恵理)