アキバ高架下「B-1グランプリ食堂」、メニュー12品を入れ替えて第3章にリニューアル! 内覧会レポート

写真拡大

ご当地グルメ飲食スポット「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」が3月19日に第3章としてリニューアル。18日に内覧会が行われた。

アキバ高架下ご当地グルメ屋台群「B-1グランプリ食堂」内覧会レポート! 第1弾は全14品

→アキバ高架下「B-1グランプリ食堂」、新メニュー8品+ごはん単品を加えて第2章にリニューアル!


全国で開催されている"ご当地グルメ"(※公式によると断じて"B級グルメ"ではないとのこと)のお披露目イベント「B-1グランプリ」の公式店舗で、都内初の常設店として2015年7月にオープンした「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」。メニューを固定化せず約70地域のご当地グルメを取り上げていくが、3月19日に2回目のメニュー入れ替えを実施し、第3章としてリニューアルする。


第3章では、「オホーツク北見塩やきそば」「釧路ザンタレ」「行田ゼリーフライ」「三崎まぐろラーメン」「駒ヶ根ソースかつ丼」「浜松餃子」「郡上奥美濃カレーひっちゃく棒」「めいほう鶏ちゃん」「あかし玉子焼」「備後府中焼き」「鳥取とうふちくわ膳」「日田やきそば」といった12品が新登場。いずれも300円〜500円(※麺類のフルサイズは700円)となっている。第2章と比べると、肉メインの料理が減ったかわりに、ソース系や酒のつまみ系などが増えた印象。これからの温かい季節に向けて、ちょい飲みスタイルでの利用も進みそうだ。


なお、開業1周年にあたる2016年7月にもメニュー入れ替えを予定しているとのこと。


>> アキバ高架下「B-1グランプリ食堂」、メニュー12品を入れ替えて第3章にリニューアル! 内覧会レポート の元記事はこちら