写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドミノ・ピザ ジャパンの親会社であるドミノ・ピザ エンタープライズは3月17日(米現地時間)、自動運転デリバリーロボット「Domino's Robotic Unit」通称「DRU(ドリュー)」を発表した。

○人件カットにもつながる?

DRUは、高さ922mm(最大約1,185mm)、車幅740mm、奥行き1,030mm、重量約190kgの四輪デリバリーロボット。充電バッテリーで動き、スタート地点から目的地まで最適なルートで歩道を走行し、現在は約20km先まで配達できる。また、走行スピードは環境に合わせて制御可能なほか、車内センサーで道中の障害物を特定し、必要に応じて避けることもできるという。

車体にはキャリーボックスを搭載し、作りたてのピザと冷たいドリンクをそのまま配達する。目的地に到着後、利用者が商品注文時にメールで受け取ったコードを入力すると、キャリーボックスが自動で持ち上がり、商品を取り出すことができる。配達料は通常料金と変わらず、「充電バッテリーで動くので人件費のコストカットにつながる」(ドミノ・ピザPR事務局)という。

ドミノ・ピザはオーストラリア クイーンズランド州の一部エリアにて、交通道路省の許可のもと、DRUを使用したデリバリー試験を開始。日本での展開については現時点では未定という。

(御木本千春)