ポルシェの4ドアサルーン、「パナメーラ」次世代型に、ワゴンタイプの派生モデル「パナメーラ シューティングブレイク」が投入されることが分かりました。

1

ルーフエンドはカモフラージュがされていますが、セダンより延長されており、より大容量のトランクルームが分かります。

新開発の「MSB」モジュラープラットフォームを採用し、2012年のパリモーターショーで発表された「パナメーラ スポーツ ツーリスモ」に近いエクステリアに仕上がるようです。

パワーユニットは3.6リットルV型6気筒ターボやV8、プラグインハイブリッドがラインナップ予定です。

ワールドプレミアは2017年秋以降が有力です。

(APOLLO)

ポルシェ、パナメーラ次世代モデルにシューティングブレーク投入へ(http://clicccar.com/2016/03/18/359972/)