写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクおよび同社グループ企業のPSソリューションズは3月18日、日本オラクルの協力のもとパーソナルモビリティに移動体通信網をつなげるInternet of Moving Things事業を開始すると発表した。また、同事業の第1弾として、PSソリューションズの運営により、香川県小豆郡土庄町豊島において、パーソナルモビリティのレンタルサービス事業「瀬戸内カレン」を3月26日より開始することを明かした。

「瀬戸内カレン」では、電動二輪車「Honda EV-neo」にソフトバンクの車載機を搭載し、位置情報をリアルタイムに把握・可視化する。また、運転状況を中央管制センターで監視する仕組みを備え、急発進や急ブレーキ、コースアウトなどを自動で検知する。さらに、充電インフラとしてソフトバンクが開発した充電・認証システム「ユビ電」を活用し、利用者はユビ電マークがあるコンセントを自由に使うことができる。情報の収集・分析に活用するIoTサービス基盤は日本オラクルの「Oracle Cloud Platform」製品群で構築する。

同サービスは専用のホームページから事前予約および決済を行うことができ、「EV-Neo」の貸し出しは豊島家浦港の貸出返却拠点で行う。なお、利用料金は3800円/日となっている。

(神山翔)