リオ五輪出場を逃し、3月10日付けで退任を発表していた佐々木監督。女子サッカーに関わった11年を振り返った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 3月18日、既になでしこジャパンの監督を退任することを発表していた佐々木則夫監督が会見に臨んだ。
 
 佐々木監督は2008年になでしこジャパンの監督に就任すると、08年の北京五輪ではチームを4位に導き、11年のドイツ・ワールドカップでは優勝を成し遂げた。その後も12年のロンドン五輪での銀メダル、15年のカナダ・ワールドカップでの準優勝と数々の輝かしい成績を残した。
 
 しかし先のリオ五輪最終予選では2勝1分2敗の3位に終わり、本大会の出場権を逃し、3月10日付けで監督の座を退くことを発表していた。
 
 佐々木監督は冒頭、「女子サッカーに関わって11年、監督として9年、これまである程度の結果を出すことができ、満足した日々を過ごせました。この11年は僕の宝物として、次のステージにつなげていきたいです」とコメント。
 
 なでしこジャパンを率いた日々に関しては「よく周りの方から男性が女性を指揮するのは大変だろうと言われましたが、選手たちは全員、志が高く、男性を指導するのとは変わらなかったです。特別に鎧を着て肩肘を張って指導したことはなかったです。ですので、大変だったことは少ないです」と振り返った。
 
 今後については「今は真っ白な状況です。なにをこれからとは今は考えていません。少し時間をおいて、僕が選択できる幅があるか分かりませんが、女子サッカー、サッカー界には寄与したいと思います」と語った。
 
 なお、なでしこジャパンの新監督は未定となっている。