17日、中国の学食にユニークなおかずが次々と登場する中、湖南大学はまたしても型破りな一品を用意した。資料写真。

写真拡大

2016年3月17日、中国の学食にユニークなおかずが次々と登場する中、湖南大学はまたしても型破りな一品を用意した。紅網が伝えた。

同大学はかつてミカンとスペアリブ、パイナップルとスペアリブを組み合わせた料理で注目を浴びたが、今回考案したのは「いちご紅焼肉」。紅焼肉とは豚の角煮で、営業開始から30分もたたないうちに売り切れた。

このような料理は学生らの間でさまざまな物議を醸すものの、食堂の責任者は「今がシーズンの果物の中でいちごには特に胃腸の調子を整えてくれる作用がある」と説明、実際に食べてみた学生は「いちごの甘酸っぱさが加わった角煮の味は悪くなかった」とコメントする。

「学生に好評だったら長期的に提供を続けるし、不評だったらすぐにストップする」と話す同責任者は、「バナナとフライドチキン」なるメニューを今月中旬から提供していることも紹介した。(翻訳・編集/野谷)