『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』 (C) Disney

写真拡大

全国のケーブルテレビやBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルで、あの名作アニメ映画『ライオン・キング』のDNAを受け継ぐ最新テレビアニメーション・シリーズ『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』が4月16日14:30より日本初放送されることがわかった。

『アナと雪の女王』が『ライオン・キング』抜き、ディズニーアニメの歴代トップ興収に

『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』は、テレビアニメーション・シリーズ『ライオン・ガード』の序章となる長編。プライドランドの王シンバの第2子である主人公カイオンが、伝説のガーディアン“ライオン・ガード”の新たなリーダーとなり、個性豊かな仲間たちと一緒に、時にぶつかり、時に協力し合いながら、王国に起きる様々な事件を乗り越えてプライドランドを守る、感動と成長のストーリーだ。

シンバ役の声を演じる宮本充は「初めてシンバの声を演じてからもう20年以上たち、僕もその間に結婚して2児の父となりました。シンバとともに成長しているような気がします。こうしてひとつの役をいつまでも演じられるのは、本当に嬉しいことです。見どころは、ライオン・ガードとなったカイオンたちが色々なことを学んで成長していく過程。さりげない台詞の中に多くの教訓が含まれているような気がします。そしてやはり歌。僕も歌います。お楽しみに!」とコメント。

ティモン役の三ツ矢雄二は「ティモンは大好きな役なので、再び演じられてチョーうれしいです。『ライオン・キング』の世界そのままに新しい『サークル・オブ・ライフ』が始まります。『ライオン・ガード』の活躍をおたのしみに。ティモンの活躍もね!」と話し、プンバァ役の畠中洋は「改めてプンバアの持つ可愛らしさにノックアウトされてます。とっても思慮深いところ、それとは真逆の抜けたところ、全てが愛しいキャラクターです。『ライオン・キング』からのおなじみのキャラクターに加え、『ライオン・ガード』に登場する主要なキャラクターたちは、とても個性的でキュートな動物たち。色んな冒険が待っています。ぜひご家族でお楽しみ下さい!」と、それぞれ作品の魅力をアピールしている。

【関連記事】
『アナ雪』大ヒットを生むまで/ディズニーアニメ、挫折と復活の歴史
『ニモ』続編『ファインディング・ドリー』で木梨憲武と室井滋が声優続投
ディズニー・ピクサーのヒットのヒミツ握るはこの人。ジョン・ラセターを直撃!
ウォルト・ディズニーがミッキーマウスの吹き替え!? 証拠の短編アニメ映像が解禁