解禁となった『ミュージアム』キービジュアル (C) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会

写真拡大

小栗旬が主演し、『るろうに剣心』を大ヒットシリーズに導いた大友啓史監督がメガホンをとる衝撃のスリラー『ミュージアム』。この作品の特別映像とキービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ミュージアム』超特報(WEB版)

原作は、2013年にヤングマガジン誌で連載されるや、過激な描写と緊迫のストーリー展開で、目の肥えたマンガファンを中心に話題になった巴亮介(ともえ・りょうすけ)による戦慄サイコスリラー。雨の日だけ発生する猟奇殺人事件が発生。まるで見つけられることを前提にしたかのように演出された殺し方で、現場にはそれぞれ“ドッグフードの刑”“母の痛みを知りましょうの刑”など謎のメモが残されていた。これは単なる殺人事件ではないと気付いた警視庁捜査一課の沢村久志刑事は、連続殺人事件の関連性に気づく。すると次のターゲットに沢村の妻と子どもがリストアップされていたというストーリーだ。

小栗が演じるのは主人公の沢村久志刑事役。また、先日には追加キャストとして、沢村刑事の妻・遥役に尾野真千子。沢村刑事を慕う新米刑事・西野純一役に野村周平。警視庁捜査一課のメンバーである菅原剛役に丸山智己、岡部利夫役に伊武雅刀。沢村遥の親友・秋山佳代役に田畑智子。女医・橘幹絵役に市川実日子。沢村の父役に大森南朋。捜査一課警部補・関端浩三役に松重豊が扮することが発表された。

今回、解禁となったのは、主人公の沢村と殺人鬼のカエル男のみが登場し、聞こえてくるのは降りしきる雨音だけというわずか10秒の映像。だが、「恐怖」「絶望」「緊張感」が強く感じられる映像になっている。「この映画はカエル男が引き起こす猟奇的殺人事件の単なる顛末を描くのではなく、極限の状況下で人間がどのように振る舞うのかという生理的な反応をモチーフにしています」という大友監督の言葉通り、今後の展開を予感させられる映像となっている。

『ミュージアム』は今秋より全国公開となる。

【関連記事】
小栗旬が『るろ剣』監督と初タッグ!「ミュージアム」を映画化
大友啓史監督、神木隆之介主演で『3月のライオン』を2部作で映画化
山田優との間に第1子が誕生した小栗旬「びっくりするぐらい可愛いです」
大友啓史監督、山崎貴監督、李相日監督が黒澤監督を見習ってわがまま宣言!