18日、北京青年報によると、英国のヴァージン・アトランティック航空を利用した中国人女性が不当な扱いを受けたとインターネット上で告発した問題で、同航空会社の上海支店がすでに調査を開始したことを明らかにした。写真は上海浦東国際空港。

写真拡大

2016年3月18日、北京青年報によると、英国のヴァージン・アトランティック航空を利用した中国人女性が不当な扱いを受けたとインターネット上で告発した問題で、同航空会社の上海支店がすでに調査を開始したことを明らかにした。

騒動が起きたのは今月2日。ロンドンから上海へ向かうVS250便で、イヤホンを探していた女性に対し、白人男性が突然、侮辱的な言葉を浴びせた。男性はほかの乗客の制止も聞かずののしり続けたが、さらに驚くべきは乗務員の対応だった。乗務員は男性ではなく女性に対して「これ以上騒ぐなら飛行機から降ろす」と警告。女性の話は聞き入れてもらえず、その後も謝罪や説明などは一切なかった。女性は上海浦東空港とヴァージン・アトランティックにそれぞれ事情を説明したが、対応はあくまで形式的なものだったという。

この問題がネットや中国メディアが取り上げたことで拡散すると、ヴァージン・アトランティックの上海支社は17日午後、会社が問題を重視し、本部が調査を開始していることを明らかにした。被害を訴えている女性とはすでに連絡を取っているといい、調査が完了した後に、結果を公表するとしている。

女性の座席の前方に座っていたという顔(イエン)さんによると、友人と話をしていた際に、確かに後部から英語の侮辱的な言葉が聞こえてきたというが、乗務員が女性に対して言ったとされる「飛行機から降ろす」という言葉は聞いた覚えがないという。また、問題の男性と話をした乗務員が「彼は自分が精神病だと言っている」と話していたことや、男性が大量の薬を服用しているのを目撃した人がいることから、男性が何らかの病気を抱えていた可能性も指摘されている。(翻訳・編集/北田)