4月24日の富士スピードウェイでは、見たことも聞いたことも無いような超弩級のクルマイベントが開催されます。その名も「モーターファンフェスタin富士スピードウェイ」!

1

2016年はモーターファン創刊90周年を皮切りに、モーターファン別冊ニューモデル速報(すべてシリーズ)とOptionが35周年、GenroqとRacing onが30周年、F1速報とGALS PARADISEが25周年などなど、三栄書房の自動車・バイク系メディア、イベントなど16のコンテンツがアニバーサリーを迎える年となるのです。このclicccarも早いもので5周年。

そこで2016年をMotor Fans Yearとして様々な催しを行うのですが、その中でも最大となるのが「モーターファンフェスタin富士スピードウェイ」です。

「モーターファンフェスタin富士スピードウェイ」、なにが超弩級かといえば総勢100台以上がホームストレートのグリッド上に並ぶグリッドウォーク。

日本メーカー初のルマンチャンピオンとなったMAZDA 787Bや、往年のグループCカーのマーチ83Gニチラ、F1エンジンを搭載して一般発売しようとしたヤマハOX99-11など、普段は絶対に見ることができないような名車の数々、そして最新のスーパーカーやチューニングカーなどが富士スピードウェイのグリッドを埋め尽くします。

その中には、その後に行われるOption FUJI SUPERLAPに参加するマシンも含まれます。このスーパーラップは1000馬力越えのチューニングGT-Rも参加してのとんでもないアタックを魅せてくれるはず。

また、参加型のイベントも各種用意。特に輸入車国産車を数多く取り揃えた大試乗会は、これまた超弩級。BMWのi8やM3などにも試乗できるかもしれません。

国産車の試乗もホンダS660やトヨタ86などのスポーツカーに加えて、話題の燃料電池車であるトヨタMIRAIも参加。約2kmのロングな試乗コースをドライブできるというのも超弩級。

クルマだけではなくレースクイーンのコンテンツも充実!ギャルズ・パラダイス25周年記念パーティ&撮影会も開催されます。SUPER GTなどのトップレースクイーンと触れ合えるチャンス!

バイクのコンテンツもあります。モトチャンプミーティング2016と題して全車掲載撮影会、新型マシン試乗会、エクストリームパフォーマンスなどバイクならではのお楽しみも満載。

そしてclicccarでは、公道も走れるゴーカートでお馴染みのX-Kartの大試乗会!

普通免許で乗れてヘルメット不要のミニカー登録X-Kartは、自動車と原付の中間のような道路を走れるナンバー付きの車両。富士スピードウェイの接道とサーキットショートコースでそのハンドリングを思い切り楽しんでください!

4月23日にはD1GP第2戦富士も開催されます。紹介したコンテンツ以外にも各媒体が趣向を凝らしたイベント盛り沢山。

4月23〜24日は富士スピードウェイに集合です!

(文:松永和浩 写真はすべてイメージです)

 

前代未聞の弩級イベント「モーターファンフェスタin富士スピードウェイ」開催!(http://clicccar.com/2016/03/18/360567/)