インテルが新たな左サイドバックを獲得へ…トルコ代表DFエルキンと18日にも交渉

写真拡大

▽インテルが新たな左サイドバック獲得に近づいている。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、かねてから噂に挙がっていたフェネルバフチェのトルコ代表DFジャネル・エルキン(27)と、18日にも詳細を詰める交渉を行うとのことだ。

▽エルキンは、主に左サイドバックを主戦場とし、一列前でもプレーが可能。2010年にCSKAモスクワからフェネルバフチェへ加入し、トルコ代表でも42試合に出場するなど経験も豊富だが、フェネルバフチェとの契約は今シーズン終了後に満了を迎える。

▽『スカイ・スポーツ』によると、インテルは早期にエルキンとの契約をまとめたいと考えており、18日にも詳細を詰めるとのこと。契約期間は3年間で年俸は220万ユーロ(約2億7700万円)を提示しているようだ。

▽今シーズンのインテルは、左サイドバックでガラタサライからレンタル加入のブラジル人DFアレックス・テレスと日本代表DF長友佑都を併用。長友は右サイドバックなどでも出場しており、現在は契約延長で交渉中とのこと。エルキンの獲得が決まれば、インテルはA・テレスの完全移籍を見送ると見られている。