デンマーク「世界で最も幸福な国」に:国連の幸福度ランキング

写真拡大

2016年版の「世界幸福度ランキング」が発表された。報告者によると、総合的な幸福度には、経済的状況のほか、「幸福度の平等さ」や「社会的支援」などが反映されているという。

「デンマーク「世界で最も幸福な国」に:国連の幸福度ランキング」の写真・リンク付きの記事はこちら

国際連合(UN)は2016年版の「世界幸福度報告書」を発表した。

幸福度の総合ランキング(PDF)ではデンマークがトップで、その後に僅差でスイス、アイスランド、ノルウェー、フィンランドと続いている。2012年に開始されたこの調査で、デンマークは2013年と2014年の総合1位だったが、昨年のランキングでは3位に下がっていた。

6〜10位はカナダ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデン。経済大国の中では、米国が13位、ドイツが16位、英国は23位、フランスは32位だった(アジアトップはシンガポールの22位。以下、タイ33位、台湾34位、マレーシア47位、日本53位、韓国57位、中国83位。なお、日本は2013年の調査では43位だった)。

世界で幸福度が最も低いのはサハラ以南のアフリカ諸国だ。最下位のブルンジほか、ルワンダ、ベニンなど、最低スコアをつけた最下位10カ国のうちの8カ国を占めた。残りの2カ国は紛争が続くシリアとアフガニスタンで、157カ国中それぞれ156位と154位だった。

報告書の作成者たちは、「幸福度の平等」に目を向け、人々が報告した幸福度に国内でどれほど大きなばらつきが見られるかを調査した。その結果、ばらつきがあまりない、「幸福度の平等」が最も高い国では概して幸福度も最も高くなる傾向にあることがわかった。

報告書には次のように書かれている。「最も平等な(幸福度のばらつきが最も小さい)20カ国のうちの7カ国が、平均的な幸福度の観点による上位20カ国にもランクインしている。また、最も不平等な(幸福度のばらつきが最も大きい)20カ国のうち、幸福な国トップ20位にランクインした国は、プエルトリコ(15位)を除いて存在しない。そのほとんどが、世界ランキングの下位に位置している。ただしラテンアメリカとカリブ海のいくつかの国は例外で、そこでは生活の評価と不平等(幸福度のばらつき)がどちらも平均より高くなっている」。

ただし、最も平等な(幸福度にばらつきがない)国(ブータン、コモロ連合、オランダ)のうち、幸福度20位以内にランクインしたのはオランダのみだ(コモロ連合は1975年にフランスから独立したが、頻繁にクーデターが発生しており、世界最貧国のひとつ。なお、ブータンは84位、コモロ連合は138位)。

オランダ人の幸福度の高さは、西ヨーロッパ諸国全体に共通する傾向だ。また、西ヨーロッパに僅差で続く東南アジアは、全体的に幸福の平等が最も高い(幸福度のばらつきが最も小さい)地域だ。

幸福度で最も劇的な変化をみせたのはギリシャ(99位)で、悪化する財政状態と連動して幸福度も低下している。イタリア(50位)とスペイン(37位)の幸福度も同様に、経済危機の打撃を受ける結果となった。

これに対してアイスランド(3位)とアイルランド(19位)は、どちらもここ数年で大規模な経済変動を経験しているにもかかわらず、幸福度はわずかしか低下していない。幸福度報告書には、両国は社会福祉制度が充実しているほか、「危機の際に頼ることができる人がいると答えた人の割合が並はずれて高い」ことから、こうした状況では社会的支援が重要な要因となると書かれている。

世界幸福度報告書のデータは、ギャラップ世論調査(Gallup World Poll)が世界160カ国で電話と対面式インタビューを組み合わせて収集したもの。1人当たりの国内総生産(GDP)、健康寿命、教育、雇用、メディアへのアクセス、汚職が多いかなど、あらゆることを対象として毎年調査分析を行っている。

関連記事:お金は人を幸せにするか