17日、韓国メディアによると、日本の高校の教科書検定結果の発表が近づく中、韓国政府が日本政府に対し、「歴史の真実を回避してはならない」と訴えた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月17日、韓国・ヘラルド経済によると、日本の高校の教科書検定結果の発表が近づく中、韓国政府が日本政府に対し、「歴史の真実を回避してはならない」と訴えた。

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は17日の定例会見で、「まだ検定結果が出ていないため予断できない」としつつも、「日本政府は過去の河野談話で明らかにした通り、歴史の真実を回避することなく、むしろ歴史の教訓として直視しなければならない」とし、「歴史研究・歴史教育を通して、過去の過ちを永遠に記憶し、同じ過ちを絶対に繰り返さないという精神を実践していかなければならない」と述べた。

また、「韓国政府は日本政府に対し、『正しい歴史認識が日韓関係の根幹』という点を繰り返し指摘し、未来世代に正しい歴史教育をするよう促している」と強調した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「…コメディーのつもり?」

「日本も正しい歴史教育をするべきだが、韓国政府にそれを主張する資格はない」

「少なくとも日本は教科書を国定化していない。韓国政府より数倍まし」

「韓国政府も子供たちにうその歴史を教えている。そんなことを言って恥ずかしくないのか?」

「反日感情を利用して実情を隠ぺいする時代は終わった」

「日本政府は歴史を歪曲(わいきょく)し、韓国政府は歴史を消している。どっちもどっち」

「フィクション小説で歴史を学ばなければならない日本の子供たちがかわいそう」(翻訳・編集/堂本)