『真田十勇士』クランクアップ報告会見より

写真拡大

9月22日に全国で公開される堤幸彦監督の映画『真田十勇士』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、堤が演出、マキノノゾミが脚本を手掛けた2014年初演の同名舞台の映画版。真田幸村を一人前の武将に仕立てるため、猿飛佐助ら個性的な10人が集まって「真田十勇士」を結成し、徳川軍との決戦に挑む様が描かれる。これまでに、十勇士の中心的存在・猿飛佐助役を中村勘九郎、佐助と共に十勇士を支える霧隠才蔵役を松坂桃李、2人を翻弄する幼なじみの忍び・火垂役を大島優子が演じることが明らかになっていた。

追加キャストは、3月17日に行なわれたクランクアップ報告会見で発表。十勇士メンバーを演じる永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、青木健に加え、加藤雅也、大竹しのぶ、石垣佑磨の出演が明らかになった。

会見には追加キャストの俳優陣と中村、松坂、大島が劇中の衣装で登場。主演の中村は撮影について「過酷でした。時代劇、戦国ものである程度は覚悟していましたが、予想以上の大変さで。顔だけでなく心の中もかっこよく美しい俳優陣、優秀で信頼のできるスタッフのおかげで無事に撮影を終えました。セットは豪華で、ロケ地も広大で、夢みたいな2ヶ月半でした」とコメント。

松坂は「台本からは想像できないことがたくさん起こっていまして、空を飛んだり、馬とともに走ったり、敵陣に突っ込み、敵兵をバッサバッサと切ったり、忍者は少年漫画を地で行くような動きの連続だなと思い、楽しい日々を過ごしていました」と振り返ったほか、大島は「女性は一人しかいなくて、男くさい現場だなと思いました(笑)。みなさんすごく仲が良く、現場は朗らかで雰囲気はとてもよかったです。撮影に入るとキリッと顔が変わる姿に、遠目から見て素敵だなと思っていました」と語っている。