いま建築は何を「設計」するのか?「『未来の建築の教科書』をつくろう会議 #1」 齋藤精一・豊田啓介・林厚見による公開編集会議/トークセッション開催!

写真拡大

デジタルネットワークが不動産や交通といった「リアルな」空間を再編成していき、IoT化が進行するなかで自動化が猛然と進んでいく未来の生活空間において、「建築」という仕事は、何を対象とし、何をつくりあげていくものになるのか。「建築の未来」を独自の視点から考え継いできた3人の「ポスト建築家」が、いま「建築」に何が求められているのかを、根本から問い直す、終了時間未定のトークセッション開催!

「いま建築は何を「設計」するのか?「『未来の建築の教科書』をつくろう会議 #1」 齋藤精一・豊田啓介・林厚見による公開編集会議/トークセッション開催!」の写真・リンク付きの記事はこちら

「建築」とは、いま一体何を指しているのだろうか? そして「建築家」とは一体何をする仕事なのだろうか?

かつてなら「物理空間を設計すること」がその答えだったかもしれない。けれども、その物理空間のなかにデジタルネットワークが変幻自在に侵入しつつあるいま、建築を考えることは、フィジカルな物理空間と、ヴァーチャルなデジタル空間とを一体化したものとして考えることにもなる。

「Airbnb」や「Uber」といったサーヴィスを語るまでもなく、新たなデジタルサーヴィスは、生活者のライフスタイルだけでなく、不動産や交通といったこれまでの「物理空間」をかたちづくってきた基幹システムまでをも、根底から変えようとしている。

それは、また人と空間や空間における人と人とのインタラクションの仕方、関係性の設定までをも変えていく。物理空間における「コミュニティー」を考えるとき、いまやデジタル空間上の「コミュニティー」との相互性/互換性を考えることを抜きには語れない。さらにセンサー技術の発達し、それらがネットワーク化される、「IoT化」が進展していくに従って、これからの生活空間は、新たな情報空間として編成されていくことになるにちがいない。

もはや建築は、従来の「建築」の枠組みにおさまっているべき営為ではないのだろう。海外では、建築家がデジタルエンジニアとチームを組むようなかたちで、新たな「空間体験」を生み出すための実験が、めくるめくスピードで展開されている。

一方、若手建築家のコレクティヴが、英国現代美術における栄誉であるターナー賞を今年受賞したこと、さらには、本年のプリツカー賞を受賞したアレハンドロ・アラヴェナが実践する、コミュニティーに対してよりオープンに開かれたデザイン手法は最も現代的なテーマを孕んだものとして注目すべきものとも言えそうだ。

デジタル、アート、コミュニティーデザインといった近接領域を飲み込みながら、それらを統合するプラットフォームとして、「建築」は新たに再定義されることを求めている。

デジタルクリエイティヴの世界から、この数年で「建築」に向けて急転回を切り、自社のなかに「建築部門=Rhizomatiks Architecture」を設立したライゾマティクスの齋藤精一。世界的に一般化しつつある「コンピューテーショナル」という視座から、ここ日本において新たな建築のありようを果敢に切り開いてきたnoizの豊田啓介。そして、不動産のデザインという見地から、都市空間において新たな価値軸を大胆に打ち立ててきた東京R不動産の林厚見。アプローチは異なるものの、それぞれの立脚点から「建築の未来」を見据えてきた3人は、実はコロンビア大学で建築を学んだ古くからの知己でもある。

その3人を迎え、終了時間未定のトークセッションを開催する。いま建築に抱いている問題意識などを赤裸々に語っていただきつつ、やがて「建築」と呼ばれることになるであろう新たな領域を策定するための定義を探すことになるはずだ。

本イヴェントは、本年秋に発売予定の『WIRED』日本版・特集「未来の建築の教科書」(仮)の編集会議も兼ねている。


『未来の建築の教科書』をつくろう会議 #1

>>申し込みはこちら

日時:2016年4月4日 19:00開演〜(終了時間未定)

会場:原宿VACANT

入場料:2,000円

定員:100名

出演
齋藤精一(Rhizomatiks代表取締役社長)、豊田啓介(noiz architects共同主宰)、林厚見(speac共同代表) 、進行/若林恵(『WIRED』日本版編集長)