17日、「アジアのアカデミー賞」とも呼ばれるアジア・フィルム・アワードの授賞式が行われ、台湾の女優スー・チー、韓国の俳優イ・ビョンホンが最優秀賞に選ばれた。

写真拡大

2016年3月17日、「アジアのアカデミー賞」とも呼ばれる第10回アジア・フィルム・アワード(亜州電影大奨)の授賞式が行われ、台湾の女優スー・チー(舒淇)、韓国の俳優イ・ビョンホンが最優秀賞に選ばれた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

香港国際映画祭の重要な催事の一つで、10年目を迎えたアジア・フィルム・アワードの授賞式が17日、マカオで行われた。最優秀女優賞には、香港の女優カリーナ・ラム(林嘉欣)や綾瀬はるかがノミネートされていたが、最終的に「黒衣の刺客」のスー・チーが勝ち取った。同じく男優賞には、「インサイダーズ/内部者たち」のイ・ビョンホンが選ばれている。

スー・チーはじめ、日本から妻夫木聡らアジアスターが集結したホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督作品「黒衣の刺客」は、今回最多の8部門を制した。ホウ監督は昨年のカンヌ国際映画祭に続き、最優秀監督賞を受賞。このほか、最優秀助演女優賞や撮影賞、音楽賞などを受賞している。

開催10年目を記念して設けられた「10周年特別大賞」は、中国映画界のヒットメーカー、フォン・シャオガン(馮小剛)監督に贈られた。日本からは、「岸辺の旅」の浅野忠信が最優秀助演男優賞を受賞。アジア映画への長年の貢献をたたえ、女優の樹木希林に功労賞である終身成就大賞が贈られている。(翻訳・編集/Mathilda)