<アーノルド・パーマー招待 初日◇17日◇ベイヒルクラブ&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」はフロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開幕し第1ラウンドを行った。松山英樹は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“70”で2アンダー27位タイ。首位に立ったジェイソン・デイ(オーストラリア)と4打差で初日を終えた。
久々に短髪&サンバイザーで登場!若返った?松山英樹
 ショットに不満を抱えながらも同組のデイに引っ張られるようにスコアを伸ばした。4番パー5でバーディが先行。5番は3パットのボギーとしたものの、続く6番パー5で2つ目のバーディを奪ってデイと並ぶ1アンダーでハーフターン。バック9は“31”で回ったトーナメントリーダーに引き離されたものの、10番でバーディを奪うと13番では残り約120ヤードをべたピンにつけてバーディ。16番パー5でもバーディを奪って2打差に迫って終盤を迎えた。
 ところが、最終18番で「ありえないミス」が出た。ティショットは池の手前の絶好のポジション。約165ヤードのセカンドは「ピン狙って、ちょいワンピンぐらい左、奥ワンピンぐらいだったら最高かなって」と放った1打はグリーンに届かずに池ポチャ。ダブルボギーフィニッシュでデイとの差は4ストロークに広がった。
 「18番のようなミスショットしているようでは話にならないし、しかもフェアウェイの一番いいところから。ミスしてもグリーンのっけられるぐらいにしないと。他のホールはしっかりとプレーできてイライラせずにいたけど、最後のセカンド打った時は本当にイライラした」。耐えながらスコアを作ってきただけに、上がりの悪さに唇をかんだ。
 それでも2アンダーの27位タイはまだまだ上位をうかがう位置であることは間違いない。「(ショットも)全然あたらないわけではない。明日スタート早くて調節する時間もないけど違うことやってみて良い方向にいけば」。“ありえないミス”を取り返すチャンスはまだ十分に残されている。
【初日の順位】
1位:ジェイソン・デイ(-6)
2位T:マーク・リーシュマン(-5)
2位T:ブレンダン・スティール(-5)
2位T:アダム・スコット(-5)
2位T:ヘンリック・ステンソン(-5)
2位T:トロイ・メリット(-5)
27位T:松山英樹(-2)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【プロの履歴書】スピースと同じ日生まれ 大型ルーキー長谷川祥平
女子ツアー開幕特集!イボミらの最新写真アップ中!