「Minecraft」で人工知能を育成するプロジェクト

写真拡大

マイクロソフトは、ゲーム「Minecraft」を使って人工知能(AI)に自分の意志で決断を下す方法を教えようとしている。オープンソースのテストベッドとして公開するプロジェクトを立ち上げた。

「「Minecraft」で人工知能を育成するプロジェクト」の写真・リンク付きの記事はこちら

人気ゲーム「Minecraft」のサンドボックス世界では、ほとんど何でもつくることが可能だ。しかし、まもなくMinecraftは、空間オブジェクトをつくるためだけではなく、人工知能(AI)システムを「育成」するのにも使われるようになるだろう。少なくとも、それがマイクロソフトの計画だ。

このほどマイクロソフトは、Minecraftを使ってAIに自分の意志で決断を下す方法を教えることを目的とし、それをオープンソースのテストベッドとして公開するプロジェクトを立ち上げた。Minecraftは、スウェーデンのMojang(モージャン)社が開発したゲームだが、2014年9月にマイクロソフトによって買収された。

ニューヨークを本拠とするマイクロソフト研究所の研究プロジェクト(PDF)では現在、コンピューター科学者で構成される小チームが、Minecraftのブロック世界を冒険する方法をヴァーチャルプレイヤーに教えようとしている。

Minecraftは、無作為に生成された世界にプレイヤーを放り込み、一切の指示を与えずに置き去りにし、周囲の環境を直感で理解させて、モノづくりを開始させるゲームだ。今回の研究では、AIのエージェントが、知識も定められた目標もない状態からゲームを開始する。「危険な環境のなかに足を踏み入れる」などの試行錯誤を通して、このエージェントは目的の達成に向けて努力し始める。こうしたシナリオのなかにAIを置き、事態を理論的に理解させることは、人間の知能の発達と同じ原理でAIの発達に作用すると考えられている。

「AIはふつう、特定のタスクを達成するようにプログラムしますが、われわれはそれとは対照的に、AIが学習するようにプログラムすることを目指しています」と、このプロジェクトに携わるフェルナンド・ディアス上級研究員は語る。「Minecraftは、AIにとってのデジタル版ベビーサークルです。その環境のなかでわれわれは、まだ幼いAIに世界のさまざまな概念を学習する方法を教えるためのアルゴリズムを開発できるのです」

今回のテストは、Microsoft Research Cambridgeカーチャ・ホフマン研究員が立ち上げた「Project AIX」の一環として行われている。AI開発に用いられるゲームの単純さに不満を抱いていた同研究員は、もっと適応学習にふさわしい環境を求めていた。

「Minecraftは非常に開かれた世界なので、この種の研究にはうってつけのプラットフォームです」とホフマン研究員は語る。

AIXは、Java版MinecraftのMOD(改造データ)と、AIエージェントが環境内で感知・行動し、自身の活動からのフィードバックを処理して経験を高めるのを支援するコードで構成されている。

たとえば、現在行われている研究の場合、AIエージェントの目的は「世界で一番高い場所」に到達することだ。AIは、昼夜サイクルなど「目的と無関係なデータ」は除外しながら、次第に増える報酬を通して、自身の役割と進み具合を理解し始め、その方向へさらに進化していく。

マイクロソフトはMinecraft世界を、誰もがAIを実験できる環境にしようと計画している。現在のところ、AIXを利用できるのは研究者に限られているが、今年の夏には利用対象者の枠を広げ、誰もがアクセスできるようにする予定だ。

関連記事:Minecraftが、学校教育を変えていく