16日、新華社は、昨年、世界知的所有権機関に最も多くの特許を出願した企業が中国のファーウェイだったと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年3月16日、新華社は、昨年、世界知的所有権機関に最も多くの特許を出願した企業が中国の通信機器メーカーのファーウェイだったと伝えた。

世界知的所有権機関の発表によると、出願数が最も多かった国は米国の5万7400件で、次いで日本の4万4200件、中国の2万9800件だった。企業別では、ファーウェイが3898件と最も多く、次いで米・クアルコムの2442件、ZTEの2155件だった。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「ファーウェイはよくやった!」
「ファーウェイは中国メーカーの中では一番すごい」
「中国企業が台頭してきているということだな」

「ファーウェイは未来の特許戦争の準備をしているようだ」
「ZTEの研究開発費は、利益の4.5倍かかっている…」
「ファーウェイもZTEも業務の重点はスマートフォンではない」

「でもごみのような特許なのだろう」
「使える特許はいくつもないのだろう」
「数が多いのもいいが質も重要だ」

「出願イコール獲得ではないからな」
「でもあくまでも出願しただけで、獲得したわけではないから、そんなに喜ぶことでもない」
「ファーウェイの通信設備はすごいんだけど、スマホはちょっとね…」

「この先、知的財産権の天下になって、一番価値のあるものになっていくんだろうな」
「日本の国土と人口は中国の10分の1もないのに、出願数は中国の2倍もあるとは、敵ながらあっぱれだ」(翻訳・編集/山中)