写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で17日、「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)さあ、やりすぎよう、生き返ろう。 」をテーマに3月18日に開幕する15周年イベントの前夜祭が行われ、"Re-born大使"に就任した元プロテニスプレーヤーでスポーツキャスターの松岡修造が開幕宣言を行った。

前夜祭は、グラマシーパークの特設ステージで開催。華やかな光の演出が夜空を彩り、パークの人気キャラクターとダンサーが特別招待ゲスト3,000人とともに熱狂する中、金色の衣装に身を包んだ"Re-born大使"の松岡修造が勢いよく登場した。そして、ステージ上で走ったりジャンプしたり動き回り、音楽にのせて「リ・ボーン!」を連発。「みんな本気出しているのか?」「もっと熱くなれよ!」などとゲストに向かって説教も飛び出した。

また、先月2日に行われた15周年開幕事前イベントに引き続き、今回も"本気でやり切る"大切さを熱く説き、「本気でやりすぎれば必ず変わる。本気でやりすぎると元気になる。一人ひとりが元気になるということは、日本全体が元気になる!」と熱弁。そして、「15周年いよいよ開幕だ。やりすぎよう、生き返ろう。俺たちみんな、リ・ボーン!!」とゲストを巻き込んで開幕を宣言すると、花火が打ち上がり、大量も紙ふぶきも舞い、お祝いムードに包まれた。

今月31日に開業15周年を迎えるUSJでは、3月18日より15周年イベントを開催。世界最高のフライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめとする15の"やりすぎ"なエンターテインメントを年間を通じて続々と展開する。