16日、北京市早期警報センターは深刻な汚染警報となる大気汚染黄色警報を発令し、市民に対して外出時の予防対策への注意を促した。

写真拡大

2016年3月17日、新華社によると、北京市早期警報センターは16日午後2時、深刻な汚染警報となる大気汚染黄色警報を発令し、市民に対して外出時の予防対策への注意を促した。

【その他の写真】

北京市気象台、北京市環境保護監督測定センターが共同で分析した結果によると、寒気が去るにつれ今週、北京・天津・河北地域は年初来最長期間の深刻な汚染が現れる見込みだ。17〜18日の汚染は最も深刻で、大気の質が深刻な大気汚染となる「レベル5」に達するとみられる。19日にはある程度緩和され、22日までには次第に回復すると予想されている。 (提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)