Doctors Me(ドクターズミー)- 子どもの薬の飲ませ方、コツってありますか?

写真拡大

子どもが病気になったら、早くよくなってほしいですよね。薬もしっかり飲んでほしいけど、子どもに飲ませるのは大変…薬嫌いの子どもにはちょっとした工夫が必要とのことです。

今回は子ども薬を飲ませるときに気をつけるといいことについて、薬剤師に話を聞きました。

薬を飲ませるコツ・乳児編

乳児に薬を飲んでもらうときに気をつけるポイントをお伝えします。
≪機嫌よく飲むタイミングを優先≫
食後だと満腹で嫌がったり、吐いてしまうことも多いので、食前のほうがスムーズに飲んでくれます。
食前食後などの指定がなければ、機嫌がいいタイミングに飲ませて問題はありません。

≪ミルクには薬を混ぜない≫
ミルクに薬を混ぜると薬嫌いの子は、ミルクまで飲まなくなってしまうこともあります。
また、薬の吸収が悪くなるため、ミルクと混ぜることが好ましくない薬もあります。

次に、薬の種類によって気をつけることをお伝えします。
≪水剤・シロップの飲ませ方≫
スプーンやスポイト、哺乳びんの乳首などを使って飲ませるといいです。内頬に少しずつ垂らしてあげると飲みやすいです。
どうしても嫌がる場合は、少量を凍らせると味を感じなくなりうまく飲める場合もあります。

≪粉薬の飲ませ方≫
少量の水で練り団子状にし、清潔にした指で子どもの内頬や上あごにつけた後、少量の湯冷しを与えるといいです。
湯冷しに溶かし、水剤やシロップのように飲ませるのもいいです。

薬を飲ませるコツ・幼児編

基本的には、大人が薬を服用するとき同様に水で飲めることが理想です。
しかし、どうしても薬が苦手な子には工夫が必要です。ここではコツを5つお伝えします。

1.主食に混ぜない
薬の味のせいでご飯を嫌いになってしまうことがあります。
体調が悪いときなどは食後にすぐ吐いてしまったりすることがあるので、ご飯などに混ぜることは避けましょう。

2.ジュース、ゼリー、アイスに混ぜる
好きなジュースやゼリー、アイスに混ぜても基本的に問題ありません。ただし、粉薬を溶かすときは相性をチェックしましょう。
溶かすことで効果が低下したり、苦味を増したり、嫌な風味に変わってしまう組み合わせもあります。乳製品と混ぜると効果が落ちる薬があります。
スポーツドリンクなどのイオン飲料、オレンジジュース、ヨーグルトや乳酸飲料などに混ぜると嫌な味になって、飲みづらくなります。
飲み合わせや食品との相性は、薬をもらうときに薬剤師に確認するようにするといいです。

3.薬について説明する
会話が理解できる年頃なら、飲む前に薬の大切さを優しく話してあげると、協力的になってくれることがあります。

4.飲んだら褒める
薬を飲む前や飲んでいる途中、薬を飲み終えた後と一貫して「薬飲めるの、偉いねー!」と褒めるといいです。(褒めすぎにならない程度にしましょう。)

とっても便利な補助剤を使ってみるのもアリ?

乳幼児のための服薬補助剤といえば「お薬ゼリー」がよく知られています。これは薬を安全に飲むことができる優れた服薬補助剤といえます。

≪服薬補助剤のメリット≫
・オブラートよりも飲みやすい。
・医薬品の吸収や効果に影響を与えない。
・味のバリエーションが豊富でお子様が好む味を見つけやすい。

お薬ゼリーにはこのようなメリットがあります。
食品のゼリーとは違って、飲み込んだ後はオブラートと同じように機能します。

【薬剤師からのアドバイス】

薬嫌いの子には、薬の効果に影響しない服薬補助剤の利用がオススメです。
お子さんが好きなアイスクリームやゼリーで代用しても、問題はない場合もあります。

薬の効果に影響しないよう、食品と薬の相性など気になることは薬剤師に確認してくださいね。

(監修:薬剤師 吉澤 恵理)