「炙りもち豚チャーシュー味噌らーめん」(950円)は新潟産もち豚を使用したメニュー

写真拡大

展望台から阿賀野川を眺められるのが魅力の磐越自動車道・阿賀野川サービスエリア(SA)下り線。同SAの喜多方らーめん会津屋では、食感がもっちりとしていて、肉質がきめ細かい新潟県産の「もち豚」を使ったメニューが食べられる。

【写真を見る】阿賀野川SAの展望台からは、阿賀野川の眺望が楽しめる

その中でも特にオススメなのが、2月にリニューアルしたばかりの「炙りもち豚チャーシュー味噌らーめん」(950円)。こんがりと焼き目をつけた醤油味のチャーシューに、濃厚な味噌スープを合わせた一品だ。器からはみ出すほど大きなチャーシューは、柔らかく、とろけるような脂がたまらない。こだわりの太麺と味噌スープは相性抜群で、半熟卵やキャベツ、ニンジンといった野菜との調和も楽しみたい。

営業時間は朝8時から20時まで。濃厚なスープと、良質な肉の旨味が味わえるこのチャーシュー麺をぜひ食べてみては?【東京ウォーカー】