バイシクル弾はクリア?ジョークまじえ岡崎を称賛するハリル「私の人生でもまれな選手」

写真拡大

 プレミアリーグで首位を走るレスター・シティで先発出場を続ける日本代表FW岡崎慎司について、バヒド・ハリルホジッチ監督は「本当に模範的な選手だ」とあらためて称賛の言葉を送った。

 14日のニューカッスル戦で決めたバイシクル弾は現地でも大きな話題を呼んだが、「彼はクリアしたいと言っていたらしいが、それがゴールになってしまった」と、華麗なオーバーヘッドキックにジョークを飛ばしたハリルホジッチ監督。その献身的なプレースタイルについては「私のサッカー人生でもこのように頑張る選手はまれだ。チームのために自分を犠牲にし、自分だけのことを考えず、チームのことを考える選手はまれだと思う。本当に素晴らしい模範となれる選手だ」と絶賛した。

「彼とはよく冗談で言うが、『レスターにいるときは守備的MFだね、もしくはセンターバックだね』と。『でもA代表は違うよ』という話をしている。A代表ではレスターとまったく違う役割を要求している」

 模範となるハードワークや献身性はもちろん大事だが、日本代表で求めるのはやはり得点力。「ゴールを取ってほしい。今のアジア予選でだれが一番点を取っているかというと、本田が(得点ランキングで)7位か8位ぐらい」。アジア2次予選では5戦連発中のFW本田圭佑(ミラン)がチーム最多の5得点。岡崎とMF香川真司(ドルトムント)が3得点で続く。指揮官は「本田以外に点を取れるFWを見つけないといけない」と、岡崎にもさらなるゴール量産を期待した。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧