新アンバサダーに就任した長谷川潤さん

写真拡大

カゴメが販売している「GREENS(グリーンズ)」は、殺菌のための過熱処理を最小限に抑え、野菜を低温であらごしすることで鮮やかな色、素材本来の香り、サクサクつぶつぶの食感を実現した新感覚の野菜飲料だ。

2016年3月15日から、既存の2種類をリニューアルし、新フレーバー「エナジー パープル」を加えたラインナップを販売開始する。カゴメはこのほどモデルの長谷川潤さん(29)を同商品の新アンバサダーに起用し、3月17日に都内で行われた就任式では長谷川さんがグリーンズの魅力を語った。

新フレーバーには話題の野菜・ビートを使用

グリーンズはとにかく鮮度にこだわっており、カゴメは「生鮮飲料」という新ジャンルとして打ち出している。小松菜、キウイフルーツなどをベースにした「クレンジンググリーン」、黄にんじん、パインアップルなどを使った「リフレッシュイエロー」、新フレーバー「エナジー パープル」の3種を販売。

エナジーパープルは、アンチエイジング食材として注目を集める野菜・ビートを使っている。ビートは鮮やかな赤色が特徴のカブに似た根菜で、ポリフェノールや鉄分など各種ビタミンが凝縮されている。

エナジ ーパープルを実際に飲んでみると、ブドウなど果物の甘味とビートの香りが口の中に広がる。独自の技術でカットされたイチゴとニンジンがたっぷり入っており、生のサラダを食べているかのようなサクサクの食感だった。

現在ハワイに住んでいる長谷川さんは14年に2人目となる男児を出産。美容のため野菜を意識して食べるよう心掛けており、特にビーツはスーパーで買ってさまざまな調理法で楽しむほど好きだという。実際にグリーンズを飲んみて

「飲みやすくて、ツブツブが入っているのでビックリしました。本当に野菜とフルーツそのものを飲んでる感じです。ちょうどいいサイズなので、子どもにも飲ませたいです」と語った。

カゴメは3月23日まで、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)でサンプリングイベントを行っている。