14日、中国中央テレビによると、広西チワン族自治区桂林市で先日、交通警察に無免許運転で取り調べを受けた男が自らバイクに火を放った。

写真拡大

2016年3月14日、中国中央テレビ(CCTV)によると、広西チワン族自治区桂林市で先日、交通警察に無免許運転で取り調べを受けた男が自らバイクに火を放ち、その様子を自らの携帯電話で撮影するという事件があった。

報道によると、無免許運転でバイクを没収されそうになった男は、興奮した様子で警察に反抗。警察の隙をついてバイクに火を放った。男はバイクが燃える様子を少し離れた場所から携帯電話のカメラで撮影していた。男には罰金と7日間の行政拘留処分が科された。(翻訳・編集/北田)