© 2016 Disney/Pixar

写真拡大

3月12日(土)から全国で大ヒット公開中のディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』。

【写真6枚】八嶋智人&松重豊&片桐はいりが吹き替え! ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』フォトギャラリー

弱虫な恐竜アーロが人間のスポットと一緒に冒険をしていく中で、Tレックスの家族は道に迷っているアーロたちを助けてくれます。

Tレックスといえば恐竜の中でも最強の存在。

強いTレックスたちは牛追いをして生活しており、その強さから武勇伝も持っています。

彼らは弱虫なアーロに本当の強さとは何かを教えてくれます。

そんな一家の頼りになるお父さんブッチの声を吹き替えた松重豊さん

好奇心旺盛でお調子者の弟ナッシュの声を吹き替えた八嶋智人さん

明るくておしゃべりなおてんばお姉さんラムジーの声を吹き替えた片桐はいりさん

ディズニー/ピクサー作品の吹き替えははじめてというお三方に『アーロと少年』、またピクサー作品への想いを伺いました。

“子孫に伝えたい”子どもから大人まで響く作品

――ピクサーの吹き替えを担当すると決まった時の気持ちは。

八嶋:嬉しかったです。

声優はそんなにやったことがないので。

完全に完成した画でない映像でアテレコしたので、どうなっているか楽しみですね。

松重:ピクサーはトイ・ストーリーで唐沢(寿明)くん(ウッディの声優)がやっているのを見てからいいなあと思っていました。

もっと早くオファーされていれば子どもに自慢できたのに。

成人してしまったからリアクションが薄くて…

孫に見せたいですね。

片桐:子孫に伝えたいって言ってましたよね。

八嶋:二十歳でも、今リアクション薄くても観たらうわってなりますよね。

松重:実はあの年代の男の子にもくるんですよね。

片桐:私は友達と「恐竜」の話をしていたらオファーをいただいたのでびっくりしました。

物心ついて最初に観た映画が『101匹わんちゃん』だったので嬉しかったですね。

子ども心に映画とはなんと素晴らしいのかと思ったので、なんとか子供のファーストインパクトになればいいなと。

八嶋「8歳の息子には塊として持って帰ってほしい」

――子どもに見せるとしたらどのようなポイントを見てほしいでしょうか。

八嶋:この後行われる試写を8歳の息子が観にくるんですけれど(インタビューは『アーロと少年』プレミア試写会の1時間前に行われました)、本人もパンフレットを読み込んできているんで。

大きい塊としてとらえてもらいたいですね。

友情の物語もあるし、親子の関係もあるし、本当の強さとは何か、個人の問題もあるでしょうし。

塊として持って帰ってくれて、それがうまく言葉にできなかったり、いろいろあるとは思うんですけれど、そういう塊を受け取ったという経験が彼に返ってくるんじゃないかな、トータルとして塊を持って帰ってほしいなと思います。

松重:子どもは素直な気持ちでこういう映画は2人の友情というところからでてくる登場人物との関係とかを素直に受け止めるので。

素直に見てください。

僕はたまたまついてきちゃったお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃん、それかたまたま暇だったから観ちゃった思春期とか新社会人とか。

そういう人たちが「えーこんなところで俺泣いちゃう」というか「こんなところで胸に刺さっちゃう」というところが仕掛けられているので。

子どもと一緒についてきた大人がざまみろというところはありますね。

そこを願いたいなと思います。

片桐:最初に『101匹わんちゃん』を観たときに、街に出たら日比谷の街がロンドンに見えたことがあって。

それくらい映画に浸ってもらいたいというか。

隕石が通り過ぎて恐竜が畑耕したり牛追いしたりしているなんてありえない世界じゃないですか。

そういうありえない世界を想像する―文字もこんなんだったらとか、いやもっとこうなっているはずだよとか―そういう想像をする楽しさをいっぱい持って帰っていただきたいです。

「恐怖を受け入れる」というメッセージ

――吹き替えをしてみて印象的なセリフはなんですか。

八嶋:松重さんの「恐怖を受け入れる」というセリフです。

アーロのお父さんは恐怖を乗り越えるためにもっと頑張れ、というのがどえらい振りなんですよね。

受け入れると言うのは大人に響くと思います。

松重:『アーロと少年』では、相手を許して受け入れるということが言葉を通さずに行われます。

人間は言葉を駆使してもお互いを理解できない、許せないということに満ち溢れています。

言葉じゃなくてお互いの関係性の中で少しずつ近付いていくということが言葉の無さの強さというか、僕らに対して言葉を使っても何もできない無力感があると思います。

片桐:最初声優の配役について、少年は誰がやるんですか? と聞いたら「ないです」と言われて(笑)。

もしかしたら言葉が無い方が人間たくましくなったのではと思えるのが面白いと思います。

セリフだと松重さんの「恐怖を受け入れる」でしょうね。

地球上で一番強い恐竜に怖いものがあるというのがいいなあと思いました。

――ご自身が担当されたキャラクターで特に愛すべきポイントはなんですか。

八嶋:ナッシュはドジだということですね。

それでも失敗じゃないんだとすごく誤魔化しているところが僕と共感して。

適材適所なキャスティングだと思いますよ

好きですよ。自分を見ているようですから。

松重:ブッチはワニと格闘した跡が残っていてその歯を抜かない、というのはどうかと思います。(笑)

それが勲章なんでしょうけれどね。

片桐:いかついけれど可愛いものが好きというキャラクターは面白いなと思いました。

牛追いのシーンの吹き替えはひとりで叫びまくらなくてはいけなくて、そこは自分が面白いなと思いました。

血出るかと思うくらい叫びましたね。

――ピクサー作品で一番好きな作品はなんですか。

八嶋:『カールじいさんの空飛ぶ家』です。

作品のセリフは多いけれど、冒頭の奥さんが亡くなるところまで無言で一気にいくじゃないですか。

そしてそこからのおじいさんの冒険ということで、すごく良い省略とディフォルメということで、その緩急の付け方がすごいなと思いました。

あとは『モンスターズ・インク』にNG集がついていたんですよ。

あんなことされたら俳優いらないんじゃないかとすごくびっくりしました。

本編でも目線やまばたきがきちんとお芝居のそれになっていたりするから、文句も言わないギャラも言わないNG集まであってすごいなと思いました。

松重:20年前に唐沢くんと舞台をやっているときに、今度アニメの声やったので観に行ってと言われて家族で観に行ったのが『トイ・ストーリー』で。

こんなの観たことないよ、こういう風になっていくんだ面白いなと思いました。

吹き替えも唐沢くんや所ジョージさん(バズ・ライトイヤーの声優)とかがやっていて、はまっていて面白いな、俺もやってみたいなと思ってから20年たちましたね。

『トイ・ストーリー』は2が出ても家族で観に行きましたし、3が出ても行きましたし。続編も期待しています

片桐:私たちのスピンオフとかやりたいですね。