「ポケットモンスター」シリーズ25タイトルのパッケージ集合

写真拡大

先日2月27日に発売から20周年を迎えた人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズ(以下、ポケモン)が、2016年2月29日の時点で、世界累計販売本数 ※1 2億100万本を突破したことが発表された。

【ゲーム「ポケモン」販売本数2億本突破! サン・ムーンでさらなる高みへの画像・動画をすべて見る】

ポケモンは、『ポケットモンスター 赤・緑』をはじめ、これまで合計25タイトルを発売。700種類以上のポケモンが登場しており、2016年冬には9言語対応の完全新作『ポケットモンスター サン』と『ポケットモンスター ムーン』の発売を控えている。

また、ポケモンシリーズの関連作である「ポケモン超不思議のダンジョン」シリーズなど、その他のポケモンゲームも合わせると2億7900万本以上を記録しているという。

ポケットモンスター サン



ポケットモンスター ムーン



※1 2016年2月29日 株式会社ポケモン調べ(『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』バーチャルコンソール版を含む)

サン&ムーン以外にも、Pokémon GOなど注目作が目白押し


『ポケットモンスター 赤』

『ポケットモンスター 赤』



1996年2月27日に発売された『ポケットモンスター 赤・緑』。

ポケモンという不思議な生き物と一緒に旅をするというメインストーリー以外に、ポケモンの育成や捕獲、対戦などなど、プレイヤーによって異なる多種多様な遊び方が爆発的に広がり、今では世代や国境を越えて世界的な人気タイトルとして愛されている。

http://kai-you.net/article/26363

そんなポケモンは、2016年2月27日にめでたく20周年を迎え、『ポケットモンスター 赤・緑』に加え、『青』、そして『ピカチュウ』バージョンがニンテンドー3DSのバーチャルコンソール(ダウンロード販売)で配信。

それだけでなく、前述の『サン』と『ムーン』も発表され、20周年を迎えたポケモンに世界中から大きな期待が寄せられている。

また、2016年内には位置情報を活用した陣取りゲームで知られる「Ingress」のNiantic Labsと任天堂との3社共同開発によるスマートフォン向けアプリ「Pokémon GO」のリリース、そして春には、世界最高峰の人工知能(AI)技術をもつHEROZ株式会社とのスマートフォン向け戦略対戦ボードゲームアプリ「ポケモンコマスター」のリリースも控えている。



今回の2億本突破に伴い、株式会社ポケモンは『サン』と『ムーン』によって、「2億本の記録をさらに塗り替えてまいります。最新作に、どうぞご期待ください!」と力強くコメントしている。

http://kai-you.net/article/26429

http://kai-you.net/article/26776