日本代表発表でサッカー協会がミス連発 山口蛍の所属を古巣C大阪と誤記

写真拡大

3月17日、日本サッカー協会は24日のアフガニスタン戦、29日のシリア戦に向けたメンバーを発表した。

いつもどおり、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がプロジェクターを使いながらメンバーを発表していったのだが、MF部門でまずミスがあった。

山口蛍の所属チームが「セレッソ大阪 Cerezo Osaka」になっていたのだ。後ほど配られた資料には、「ハノーファー96」と記載されており、スライドだけが間違っていた。

また、会見の途中で配付された資料には、24日も29日も「アフガニスタン戦」となっていた。

ところが誰も気付かなかったのか、会見が終わるまでこのことについては触れられなかった。日本サッカー協会のバタバタぶりが伺える一幕だった。

【日本蹴球合同会社/森雅史】