アンダーヘアの濃い薄いや範囲の広さは人それぞれ。気になっても積極的には聞けないアンダーヘアの処理法を調べた結果、女性が考える理想のアンダーヘアと男性が好きなアンダーヘアには驚きの違いがあったのです。

日本人はジャングルが多いといわれている……

欧米ではアンダーヘアの処理は常識。日本でもモデルや芸能人、美意識の高い女性はきちんと処理をしていますが、一般的にはサロンに通ったり高価な脱毛グッズにお金を使うのも……。そもそもどの程度処理してよいのかわからないし、脇や足などに比べると後回しになってしまいがち。実際に「ジャングルのようになっている」「育ち放題」という人も多く「チクチクするから処理したくない」「水着を着るときだけ」「彼氏ができる前に脱毛しようか迷っている」という意見が多いようです。

自己処理は危険。肌トラブルも心配

はみ出ているところだけ剃ったり抜いたりする人が多い日本人女性のアンダー事情。下着からはみ出てしまう、Tバックなんて無理! とう剛毛乙女も意外といるんです。しかし、剃ったり抜いたりすると毛が埋まって黒くブツブツになったり(埋没毛)、毛穴に雑菌が入って赤く腫れたり、黒ずんでしまったりするので避けた方が無難。アンダーヘア用のヒートカッターを使う手もありますが、範囲が広い場合はどうしようもありません。剛毛でない場合はアンダーヘア用のシェーバーや除毛クリームなどを使うのも良いかも。でも一番はエステやクリニックで脱毛をしてもらうこと。毛が少なくなるだけでなく肌もきれいになります。

意外! 男性が好きなアンダーヘアがあった!

脱毛といっても、ちゃんと残す形は自分で決められます。ただし、本当にきれいになくなるまでには光脱毛なら12回〜あてないとならないので早めに決断した方が彼氏ができたときに慌てる必要がありません。欧米人やモデルさんは基本的にアンダーヘアを完全になくしています。そして、男性が好きなのもツルツル(パイパン)だったりするのです。視覚的なものもありますが、一番は清潔感。モジャモジャしてると触ったり舐めたりしたくないというのが本音らしいですよ。日本でも最近はツルツルにしている人が増えつつあり、生理の時も気にならないし、臭いもせず、楽ちんで快適という意見がほとんど。彼とのベッドタイムも盛り上げるし良いことのほうが多いみたいです。個人的にはツルツルって温泉施設などで逆に恥ずかしいので、お手入れ感のある小さい三角形がおすすめですが。

日本ではまだまだメジャーとはいえませんが、思い切ってなくしてみるのもアリかもしれません。少し残すにしてもサロンでの脱毛をおすすめします。


writer:しゃけごはん