「欠けてる一族」主演のエラ=斉石伝播提供

写真拡大

(台北 17日 中央社)13日に閉幕した「第11回大阪アジアン映画祭」で、女性アイドルグループ、エス・エイチ・イー(S.H.E)のエラ(Ella、陳嘉樺)が、、最も輝きを放っていると評価された俳優に贈られる「薬師真珠賞」を受賞した。日本統治時代に台湾で生まれた日本人を描いたドキュメンタリー「湾生回家」は、観客賞に選ばれた。

エラはジャン・フォンホン(江豊宏)監督の「欠けてる一族」(缺角一族)に主演した。受賞の知らせを受け、自身のフェイスブックに喜びのコメントを投稿。「今まで『女優賞』をもらえるとは思ってもみなかった」とつづり、作品の関係者や映画館に足を運んだ観客に感謝を示した。

今年の同映画祭では、「台湾:電影ルネッサンス2016」と題して台湾映画特集が組まれ、上記2作品のほか、「私の少女時代」(我的少女時代)、「あの頃、この時」(那時.此刻)など計6本が上映された。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)