ステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」

写真拡大

ソニーは、アナログレコードの高品位な再生と、その音をDSD5.6MHzなどのハイレゾリューション・オーディオフォーマットでパソコン(PC)に録音・保存が可能な世界で初めてのステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」を2016年4月16日に発売する。

新設計のストレートトーンアームにより、安定したトレースを実現したほか、ターンテーブルには、強度と重量のバランスに優れたアルミダイキャスト製のプラッター(回転盤)や、厚さ約5mmの独自開発ラバーマットを採用し、キャビネットには、厚さ約30mmの音響機器に最適な高密度MDF(Medium Density Fiberboard、中密度繊維板)を用いるなど、より豊かで高品位なアナログレコードの再生を追求した。

新開発の「PS-HX500」専用アプリケーション"Hi-Res Audio Recorder"をPCにインストールすることで、アナログレコードの音を原音に限りなく忠実に記録できるDSDなどのハイレゾフォーマットで録音・保存できる。ハイレゾ再生対応のウォークマンやハードディスクオーディオプレーヤーなどの機器でも再生して楽しめる。

メーカー希望小売価格(税抜)は6万1000円。