16日、AP通信によると、アルゼンチンの沿岸警備隊は15日、アルゼンチン沖で違法操業していた中国の漁船に発砲し、撃沈させたことを明らかにした。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月16日、AP通信によると、アルゼンチンの沿岸警備隊は15日、アルゼンチン沖で違法操業していた中国の漁船に発砲し、撃沈させたことを明らかにした。

アルゼンチンの沿岸警備隊は14日、アルゼンチン沖で違法操業していた中国の漁船を発見し、警告射撃を行った。だが、漁船がこれを無視して沿岸警備隊の船に衝突しようとしてきたため、沿岸警備隊は漁船に数発発砲して撃沈させた。漁船の乗組員4人は保護され、アルゼンチン当局に身柄を拘束された。

これを受け、中国政府は深刻な懸念を示し、アルゼンチン側に調査を求めた。中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、外交部のウェブサイトに声明を発表し、アルゼンチン沖で操業していた中国の漁船が撃沈され、乗組員4人がアルゼンチン側に拘束され、残る28人は付近の中国の艦船に保護されたと述べた。また、声明では、漁船が違法に操業していたか、またアルゼンチンの船に衝突しようとしたかについては触れていない。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「やっと中国の他国いじめに立ち上がる国が出てきた!アルゼンチン、よくやったね!」

「よくやった、アルゼンチン!次は中国の艦船を撃沈させてくれ」

「中国の漁師たちは海を破壊し、すべてを盗んでしまう」

「今日聞いた中で最高のニュースだ。すべての国は違法操業している漁船に対してこのように対応すべきだ」

「米国の沿岸警備隊も同じように対応すべきだ」

「いいニュースだ。中国は自分たちがすべてを所有していると思っている」

「アルゼンチン、万歳!世界の勝利だ!」

「アルゼンチンは、オバマ政権の米国よりも度胸がある」

「中国がどのように反応してくるか興味があるな」(翻訳・編集/蘆田)