山陽道トンネル事故 負傷した運転手が緊迫した状況を語る

ざっくり言うと

  • 山陽自動車道の事故で、負傷した運転手が事故直後の緊迫した状況を語った
  • 非常通路を通り、「迫り来る黒煙から逃れるように出口を目指した」と話す
  • 後退して逃げようとする車を目撃するなど、現場はパニック状態だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング